プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Pushback

      2021/04/15

反対、  抵抗

時事ニュースとビジネス会議で、よく見聞きする名詞。

ハイフンを挟んだ 複合名詞push-back とも表記する。

【発音】   pʊʃ.bæk
【音節】   push-back  (2音節)

句動詞 “push back” 由来の名詞であることは、
中級学習者 なら、ひと目で予想がつくだろう。

よって、初見であっても、意味の推測は難しくない。
だが、未習のまま、耳で聞き取るのは容易でない。

句動詞に思いを馳せることは、文面であれば可能でも、
情報が瞬時に流れ去っていく有様では困難。

これが、リスニング (ヒアリング)の難しさである。

“pushback” は、ニュースや会議に年中出てくる割りに、
プライベートではあまり使われない模様。

ビジネス用語に近いと考えられる。

句動詞と合わせて、こちらで覚えてしまおう。

◆  “pushback” は、句動詞 “push back” から派生した
不可算名詞。

  •  他動詞・自動詞   ” push
  •  副詞  ” back

句動詞  “push back” には、他動詞と自動詞がある。

それぞれ <句他動詞>、<句自動詞> と称する。

【参照】  句動詞の詳細   →  ” follow through


<句他動詞>   延期する   →   <名詞>   期日の遅延

<句自動詞>   押し返す   →   <名詞>   反対、抵抗

強引に 押しやる

■  push back the schedule

「 そのスケジュールを後ろにずらす 」
「 そのスケジュールを延期する 」

  • “Japan pushes back new emperor’s enthronement
    parade to Nov. 10″
    (天皇陛下の即位パレードを11月10日に延期)
    ※  2019年10月のニュース見出し
  • “U.S. tax filing deadline has been pushed back from
    April 15 to July 15, Treasury Department says”
    (税申告提出期限を4月15日から7月15日に延期、米財務省発表)
    ※  2020年3月のニュース見出し

■  push back 30 minutes

「 30分、後ろにずらす 」

  • “We need to push back the meeting 30 minutes.”
  • “We need to push the meeting back 30 minutes.”
    (会議を30分遅らせる必要があります。)

「 30分、前にずらす 」

  • “We need to move up the meeting 30 minutes.”
  • “We need to move the meeting up 30 minutes.”
    (会議を30分遅らせる必要があります。)


このように、句他動詞 “push back”(延期する)の使用場面には、
リスケ の印象 が強い。

 

◆  上記の青字は、全部それなりに使われる意味。

とりわけニュースでは、名詞 「 反対抵抗 」 が目立つ。

主な理由は、他動詞の「延期する」の意味合いには、
もっと身近な類義表現がいくつもあること。

  •  postpone  (他動詞)
    →  堅い単語で、日程延期の公式発表に不可欠
  •  defer  (他動詞・自動詞)
    →  行政で多用され、納税・徴兵の「延期」が典型
  •  delay  (他動詞・自動詞)
    →  やや堅めの表現で、交通機関の「遅延」が典型
  •  put off  (句他動詞)
    →  日常的な言い回しで「後回しにする」
  •  hold off  (句自動詞) 
    →  同じく日常使いで「後回しにする」、受け身中心

相対的に、“push back” の出番は少ない感じ。

したがって、ニュースで  “pushback ” が出てきたら、
自動詞から派生した 「 反対、 抵抗 」 である可能性が高い。

そのため、本稿では自動詞中心に見ていく。

◆  「後ろ(背後)に押す」または「押し返す」から、”push back”。

「押し返す」

押してくるのを逆に押しもどす。

(広辞苑 第七版)

上図の通りであり、句動詞の中でもイメージしやすい部類に入る。

“pushback”

opposition or resistance to a plan, 
an idea or a change.
(OALD9、オックスフォード)

negative reaction to a change or to something 
new that has been introduced.
(CALD4、ケンブリッジ)

【発音】   pʊʃ.bæk
【音節】   push-back  (2音節)

OALD9 も CALD4も、ハイフンなしの
“pushback” で項目立てしている。

特筆すべきは、名詞 “pushback” も “push-back” も、
次の3冊に、一切掲載されていなかった点。

  •  “LDOCE6″(『 ロングマン 現代英英辞典  第6版 』)
  •  『 ランダムハウス英和大辞典  第2版 』
  •  『 ジーニアス英和大辞典 』

項目立てされていなかったばかりでなく、
単語自体が出てこなかった。

確かに、頻出ではない。
しかし、近頃のニュースで出会うことは珍しくない。

先述のように、初めて接して、即座に把握するのは
不可能に近いため、今回取り上げている。


ダメです !



◆  「反対、抵抗」がどのように使われているか。

今月2018年5月発表のニュース見出しを見ていこう。

  • “Proposed laws met with pushback
    from members of the public”
    (国民から反対された法律案)
  • “Trade tensions rise amid pushback
    from China, EU, Japan”
    (中国、EU、日本の抵抗で貿易摩擦が強まる)
  • “Community pushback over officer conduct”
    (警官の行為に地域住民の反発)
  • “School district faces pushback for
    LGBTQ-centered curriculum”
    (LBGTQ中心の教育課程で、学区が抵抗に直面)

      ” LBGTQ ”  =  性的少数者 ( lesbian,  gay,  bisexual,
    transgender  and  queer

      ” LGBTQI+ ”  =  性的少数者 ( lesbian,  gay,  bisexual,
    transgender,  queer  and  intersex

      LGBTQI+ の人権保護を推進する文書   ( 米 ホワイトハウス )
    2021年2月4日付
  • “Homeless shelters get the OK despite pushback
    (抵抗にかかわらず、ホームレス施設に許可)

◇  「見出し英語の解説は、ここが秀逸  ↓
英語ニュースの読み方(見出し編)RNN時事英語

 

 

【関連表現】

  “push” ⇔ “pull” なので、反意語は、ひょっとして、

  •  名詞  “pushback”  ⇔  “pullback”  ?
  •  句動詞  “push back”  ⇔  “pull back”  ?

【結論】
完全な反義語とまでは言えないものの、その要素をかなり含む。

“pull back” の同義語に、 “ withdraw ” が挙げられる点は確実。

【発音】   wiðdrɔ́
【音節】   with-draw  (2音節)
【活用形】   withdraws  –  withdrew  –  withdrawn  –  withdrawing

■  名詞  ” pullback ”   ※  原則は可算だが、不可算にもなる

「引き戻すこと」  「 (軍などの)撤退」  「 障害物」

【発音】   púlbæ̀k
【音節】   pull-back  (2音節)

■  句動詞  ” pull back

  •  句自動詞  「撤退する」
  •  句自動詞・句他動詞  「引き戻す」

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英単語, 英語