プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

I got it.

      2020/01/04

了解です。分かりました。

略してGot it.

主に近しい相手(身内・社内)に対して使う。
口語でもメールでも頻出。

日本語の「了解です」とニュアンスが重なる。

※ 「了解です」は同僚・目下に対して使う。
謙譲語の「承知いたしました」は目上・対外も可。

“got” は “get” の過去形。

ここでは、他動詞 “get”「理解する」。
その過去形だから「理解した」。

よって、直訳は「それを理解した」で、
「分かりました」「了解です」。

この場合の人称代名詞 “it” は総称的な意味合いで、
訳出しないのが一般的。

 

◆ なお、”I got it ! ” は、野球などの球技で、
自ら捕球する意思表示にも使う。

 

 

時制に忠実に考えると「意志未来」の
“I willl get it.”(私が捕ります。)
の方が適切に思える。

または、あえて「確定した未来」と考えて、
“will” 抜きの現在形 “I get it.” もありうるだろう。

しかし、実際には、過去形 “got“(私が捕った
を用いる点が面白い。

捕る前から、「私のものだ」とアピールする。

“I get it.” の代わりに、所有代名詞 “Mine ! ” の1語で済ますのも普通。

 

 

【総称的な “it” 例】  ※ 普通は訳出しない

【類似表現】

“Loud and clear.”
https://mickeyweb.info/archives/2776
(はっきり聞こえています。了解です。)

“Got you.”
https://mickeyweb.info/archives/11802
(分かった。了解。)

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ