プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

All over the place

      2020/11/16

あちらこちらに

“all over the place” の<4語ワンセット>で「あちこち」。

頻出の決まり文句である。
プライベート・ビジネスを問わず使える。

  •  “all over” (全体、あちらこちら)
  •  “the place” (その場所)

で「その場所全体」が直訳。

よって、「至る所」となり、「あちらこちら」。


◆  “all over” は副詞。

“the place” を付けなくても、実は通用する。

この用法の同義語は、”everywhere”多義であり、
「終わりにする」 「やり直す」なども意味する。

  • “I was looking out for you all over.”
    (あなたをあちこち捜していました。)
  • “I walked around all over Japan.”
    (日本中を歩き回りました。)
  • “It’s all over and I’m relieved.”
    (すべて終わって、ほっとしました。)
  • “I have to start all over again.”
    (最初からやり直さなければ。)

既記の通り、”all over” だけでも「あちこち」。
だが、”the place” 付きの方が一般的であろう。

より多用され、定着した言い回しこそ、
理解されやすいのが言語の常。

コミュニケーションは、相手に通じてなんぼなので、
私たち英語学習者が優先して学ぶべきは、
やはり <頻出表現>であると考える。

本サイトのテーマに採用した理由である。

  • “I like to travel all over the place.”
    (あちこち旅行するのが好きなのです。)
  • “My books are scattered all over the place.”
    (私の本はあちこちに散らばっています。)
  • “I went all over the place to make money.”
    (至る所で金儲けした。)
  • “Cats were all over the place.”
    (そこら中、猫だらけであった。)
  • “My baby son is just so busy, he is all over the place.”
    (赤ん坊の息子は、やたらとあちこち動き回るのよ。)
  • “He puked all over the place.”
    (彼はそこら中にゲロしたんだ。)

    ♪ ゲゲゲのゲ~ ♪


◆  なお、”all over the place” の俗語(主にアメリカ)に、
理性を失う 」  「 頭がおかしくなる 」 がある。

■  理性があちらこちらに行ってしまう

■  頭がごちゃごちゃに混乱する

■  頭がイカれる

こうした流れから派生した意味。

  • “My mind is all over the place.”
    (心が乱れています。)
    (頭が混乱しています。)

  • “I feel so drowsy and I’m all over the place.”
    (もうへとへとで、頭がおかしくなってるの。)



【類似表現】     ※  頭がおかしくなる

“mess up”
https://mickeyweb.info/archives/1644
(台無しにする、失敗する)

“screwed-up”
https://mickeyweb.info/archives/7701
(情緒的・精神的に正常でない状態)

“not in one’s right mind”
https://mickeyweb.info/archives/10156
(正気でない)

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ