プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Time constraint

      2021/12/01

時間的制約 

理由を「 時間不足 」に帰する時に、 欠かせない表現。

最も頻出の表現と考えられるのは、

due to time constraints –

 時間的制約により ~ 

  •  時間の都合で ~
  •  時間の関係

このように和訳されることも多い。


◆  “ time ” には、 名詞・形容詞・他動詞・自動詞がある。

【発音】  táim  (1音節)

語源は、古英語「 時 」「 時間 」( tīma )。

圧倒的に使われるのは名詞。
不可算と可算を兼ねる。

基本的知識は、以下の通り

◇  「 時 」は、個数として数えられないので、
無冠詞の不可算名詞が基本。

この場合でも、「 この時間・あの時間 」 として、
「 区別 」する場合は、可算名詞。

一方、 何時何分、 何月何日など「 出来事 」の時間
を示す場合は、可算名詞が原則。

次の差異が分かるだろうか。

  • Do you have time ?

    ( 今、 時間ある

  • Do you have the time ?

    ( 今、 何時


名詞  ” time ” については、 どの辞書を調べても、
不可算 が優先されている。

よって、「 基本は不可算名詞 」と覚えてよい。

” time constraint ” でも 不可算名詞。


◆  ” constraint ” は、 名詞のみの単語。

【発音】   kənstréint
【音節】   con-straint  (2音節)

2音節で、後半の第2音節に強勢(アクセント)を置く。

「 音節 」( syllable、シラブル )とは、発音の最小単位。

→  音節差異が顕著な比較は、” integrity ” 参照

「 制約 」を意味する 不可算名詞 が、” constraint “。

他動詞  ” constrain “( 強いる )の名詞化されたもの。

主な同義語は  ” restriction ” 。

【発音】   ristríkʃən
【音節】   re-stric-tion  (3音節)

制約要因は複数あるのが普通なので、
複数形  ” constraints ” が多用される。

名詞 または 形容詞を頭に付けて、こうした熟語をなす。

  •  ○○ 制約 
  •  ○○ 制限 

◆  代表例を7つ挙げる。

赤字は、 メディアの出番が多め。

  •  budget constraints
    ( 予算制約 )
  •  cultural constraints
    ( 文化的制約 )
  •  environmental constraints
    ( 環境的制約 )
  •  financial constraints
    ( 財政的制約 )
  •  legal constraints
    ( 法的制約 )
  •  political constraints
    ( 政治的制約 )
  •  time constraints
    ( 時間的制約 )
  • “The meeting has been cancelled due to time constraints.”
    (時間の関係で、会議は中止されました。)
  • “I had to complete it within pressing time constraints.”
    (厳しい時間的制約の中で完成させねばならなかった。)
  • “They are facing a time constraint.” ※ 単数形もある
    (彼らは時間的制約に直面している。)
  • “We need to take out several paragraphs
    due to time constraints.”
    (時間の都合で、数段落を削除する必要がある。)

time constraint
時間的制約


 

【関連表現】

  time conflict
■  schedule conflict
( 時間の衝突、 予定の衝突  →  ダブルブッキング )

上記では、名詞の  ” conflict “( 争い、 衝突、 矛盾)

【発音】  kɑ́nflikt
【音節】  con-flict  (2音節)

語源は、ラテン語「 ぶつかり合い 」( conflīctus )。

動詞の  ” conflict “( 衝突する、矛盾する )とは、
アクセント( 強勢 ) が異なる。

動詞  ” conflict ” は、自動詞 ( intransitive verb )のみで、
他動詞 ( transitive verb )はない。

【発音】  kənflíkt
【音節】  con-flict  (2音節)


名詞  ” conflict ” は、可算・不可算兼用。

可算扱いされている例が、こちら。

  • “We had to cancel the event due to a time conflict.”
    (時間が重なってしまったため、
    そのイベントを中止しなくてはならなかった。)
  • “We need to push back the meeting 30 minutes
    due to a schedule conflict.”
    (時間が重なったので、会議を30分遅らせる必要がある。)

  time-sensitive  
( 時間的制約のある )

【発音】   time-sen·si·tive

” sensitive ” ( 敏感な )は、形容詞。

したがって、” time-sensitive ”  も形容詞。

ハイフン入りの 複合語compound word )である。

【発音】  ˈsen.sə.t̬ɪv
【音節】  sen-si-tive  (3音節)

  • “This is a time-sensitive issue.”
    (この問題は時間に余裕がないのです。)
  • This password is time sensitive.
    (このパスワードには有効期限があります。)

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ