プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Handy

      2020/09/23

便利な、  役立つ  

身近な便利さと手軽な器用さを表す形容詞。

【発音】    hǽndi
【音節】    hand-y  (2音節)

◇  可算名詞 “hand“(手)
◇  接尾辞 “y“(特徴を持つ) 

初出は14世紀。

ここでの “y” は、名詞に伴い、

  •   ~のような
  •   ~がたくさんの

を意味する形容詞を作る接尾辞(suffix)。

以下同様。

  • juicy (汁の多い、水気の多い)
  • cheesy (チーズのような)
  • bony (骨の多い、骨ばった)
  • creamy (クリームを多く含んだ、クリーム状の)
  • fruity (果物のような)
  • fishy (魚のような、魚臭い)
  • icy (氷のような)
  • stony (石のような、石の多い)
  • sketchy (略画みたいに大雑把な)


“handy” の場合、「手がたくさん」。
たくさんの手に恵まれている様子。

そこから手近(conveniently accessible)  を表すことに。

  てぢか【手近】

《名》(形動)

1. 手もとにすぐ近いこと。身近にあること。また、そのさま。かたわら。すぐそば。
2. 身近にあって、わかりやすいこと。身近なこととして、人々によく知られていること。
簡単で便利なこと。また、そのさま。卑近。
(精選版 日本国語大辞典)

1. 手が届くほど近くにあること。
2. ごく普通にあって、わかりやすいこと。ありふれていること。卑近。
(明鏡国語辞典 第二版)

1. 手もとに近いところ。手の届くあたり。近辺。⇔ 手遠(てどお)
2. 身近でありふれていること。卑近。
(広辞苑 第七版)

※  「形動」とは、「形容動詞」の略。
形容詞と異なり、「手近である」と表現できる。
日本語の形容詞と形容動詞の違いは、”conclusive” で触れた。

どの語釈からも、親しみやすい雰囲気が広がる。

便利よく(conveniently) 近づきやすい(accessible)。
コンビニ店(convenience store)のイメージに似通う感。

“handy” の持ち味は、身近な便利さと手軽な器用さ。

主要な和訳を図に示す。

 

いいことづくめで、好都合だらけ。
日本語からも、頼もしい心地よさが漂ってくる。

基本的意味に、ネガティブな語義はない。
これが、”handy” の強み。

◆  いかにも小回りが利く感の、ポジティブ一辺倒な感じよさ。

加えて、発音しやすい取柄が買われ、商品名にも起用されている。

トラックボール球面の清掃におすすめなのが、
クイックルハンディ」(花王)。

クイックルハンディ 取替用シート

トラックボール球面の清掃方法」では、
クリーニング方法を写真入りでご案内している。

◆  あえて、「留意点」に準じる3つを、英和辞書3点から引用する。

handy

  1. 《俗》
    ワル[相当なタマ、やり手、切れ者]の、ずるい、
    こわもての、てごわい、
    男っぽい、荒っぽい

    リーダーズプラス

  2. 上手な、巧みな、器用な
    簡単な手仕事についていう。
    「複雑なことに器用な」は dexterous。
    ジーニアス英和大辞典

  3. 【日英比較】
    日本語で小型で持ち運び可能で扱いやすいことを
    「ハンディ」というが、英語の handy は大きさには関係なく、
    扱いやすいくて便利なことを表す。
    研究社 新英和大辞典 第6版

「基本的意味に、ネガティブな語義はない」と述べたばかりなのに、
リーダーズプラス』は俗語としてのきつい形容詞を記載する。

それが、「留意点1」。

研究社『リーダーズ英和辞典』の補強・補遺版にあたる辞書である。
An Encyclopedic Supplement to the Dictionary for the General Reader
が英語名。

しかし、以下4点の英和「大辞典」及び4大学習英英辞典(EFL辞典)
には見当たらない用法なので、さほど気にするに及ばない(後述)。

  • LDOCE6” ロングマン現代英英辞典 第6版
  • OALD9” オックスフォード現代英英辞典 第9版
  • CALD4” ケンブリッジ現代英英辞典 第4版
  • COBUILD9” コウビルド英英辞典 第9版

いずれも、現時点(2020年1月21日 初稿時)の最新版。
8点全部、暗い解説は皆無なのが、形容詞 “handy”。

主な和訳は、図示済みなので、4EFL辞典をご紹介。

例によって、コウビルドは冗長気味である。

キーワードにハイライト。

handy

1. useful.
2. informal near and easy to reach.
3. good at using something, especially a tool.
(LDOCE6、ロングマン)

1. easy to use or to do.
SYNONYM: useful
2. [not before noun] located near to somebody / something;
located or stored in a convenient place.
3. [not before noun] skilful in using your hands or tools
to make or repair things.

(OALD9、オックスフォード)

useful or convenient.
(CALD4、ケンブリッジ)

1. Something that is handy is useful.
2. PHRASE  If something comes in handy, it is useful in particular situation.
3. [usu v-link ADJ] A thing or place that is handy is nearby and therefore
easy to get or reach.
4. [v-link ADJ with n] Someone who is handy with a particular tool is
skilful at using it
[informal]
(COBUILD9、コウビルド)

【発音】    hǽndi
【音節】    hand-y  (2音節)

[not before noun] 、[usu v-link ADJ] 、[v-link ADJ with n] は、
次のように「叙述用法」の形容詞(adjective)を示唆する。

  • not before noun
    → 名詞の前には使われない
  • usu v-link ADJ
    → The adjective is usually used after a link verb.
    It is sometimes used before a noun.
  • v-link ADJ with n
    → The adjective is used after a link verb and used with a noun

“a link verb” とは「連結動詞」。

名詞を直接修飾する「限定用法」の対をなし、
自らが「文の要素」となる形容詞の用法。

“handy” は、名詞を修飾する「限定用法」も兼ねる。

  叙述用法

  • “This map is handy.”
    (この地図は便利だ。)
  • “This area is handy for the train station.”
    (この辺りは駅から近い。)
  • “She is handy with a sewing machine.”
    (彼女はミシンの扱いがうまい。)


  限定用法

  • “This is a handy tool.”
    (これは便利な道具だ。)
  • “It’s a handy way of keeping a record of English vocabulary.”
    (英単語を記録するのに、これは便利な方法だ。)
  • “Grandma told me handy tips for removing stains.”
    (祖母がしみ抜きのこつを教えてくれた。)

【参照】      ※  外部サイト

・ 形容詞の「叙述的用法」と「限定的用法」
・ 形容詞の限定用法と叙述用法
英語の連結動詞とは?

  • 英語の形容詞の用法は2つ
    → 「限定用法」と「叙述用法」
  • 日本語の形容詞の用法は3つ
    → 「限定用法」と「叙述用法」と「副詞的用法

 

◆  ハイライトを施したキーワードは、見事重なり合う。

上図の和訳とも符合する。

  • useful
  • convenient
  • near / nearby
  • good
  • easy
  • skilful

4辞書すべてイギリス系なので、英式に “skilful” とつづる。
米式なら “skillful” で “skill” はそのまま。
形容詞「熟練した」の意。

【発音】   ˈskɪl.fəl
【音節】    skil-ful  (2音節)

先の「留意点3」の説明通り、英英はどれも
サイズと携帯性に言及していない。

片や、カタカをナ「ハンディー」はこちら。

  ハンディー【handy】

《形動》

手ごろな大きさで、持ち運びのしやすいさま。
簡便で扱をいやすいさま。
(明鏡国語辞典 第二版)

持ちやすいようす。てがる。軽便。
(三省堂国語辞典 第七版)

持ち運びのしやすいさま。携帯用
(大辞林 第四版)

大きさが手ごろで取り扱いやすいさま。
(広辞苑 第七版)

機械、道具などが、簡易で扱いやすいさま。
また、書籍などが、手ごろで持ちやすく便利なさま。軽便。
(精選版 日本国語大辞典)

※  「形動」とは、「形容動詞」の略。
形容詞と異なり、「ハンディーである」と表現できる。
日本語の形容詞と形容動詞の違いは、”conclusive” で触れた。

国語辞典5点は、携帯しやすさを一律に明記する。

一見微差に思えるが、なかなか大きな差異である。
今一度、上記4点の英英語釈を読み込めば分かる。

英語ネイティブ向け辞書3点でも確認してみる。

handy

1a. conveniently near.
b. convenient for use.
c. of a ship : easily handled.
2. clever in using the hands especially in a variety of useful ways.
Merriam-Webster.com

1. conveniently or easily within reach.
2. easy to manoeuvre, handle, or use.
3. skilful with one’s hand.
Collins English Dictionary, 12th Edition

1. close at hand; easily reached; conveniently located; accessible.
2. easily used; saving time or work; convenient
3. easily managed or handled: said of a ship, etc
4.clever with the hands; deft; adroit
5.capable of making simple repairs to a house, an automobile,
electrical appliances, etc.
SYNONYM:  dexterous
Webster’s New World College Dictionary, 5th Edition

【発音】    hǽndi
【音節】    hand-y  (2音節)

※  赤字は引用者

さすがネイティブ用、難しめの単語も含む。

  • 他動詞  manoeuvre  /məˈnuː.vɚ/  操作する(= 米語 “maneuver“)
  • 形容詞  deft  /deft/  器用な
  • 形容詞  adroit  /əˈdrɔɪt/  器用な

リーダーズプラス』の示す「ワル」の意味合いは記載なし。
やはり、気にするに及ばない用法とみなしてよい。

赤字 “simple repairs” は、「留意点2」の「簡単な手仕事についていう
と一致する。

一方で、<「複雑なことに器用な」はdexterous >とする「留意点2
と違って、
“dexterous” を同義語(synonym)に挙げる。

【発音】   ˈdek.strəs
【音節】    dex-ter-ous  (3音節)

「器用な」「巧みな」を表す形容詞。

ジーニアス英和大辞典』は、先ほどの “skilful / skillful” と
同義扱いする。

この “Webster’s New World College Dictionary“ は、
弊サイトが日本人にお勧めしているネイティブ向けの辞書。

tapped out“ に、書籍版とアプリ版の写真を添えた。

最初の「メリアム  ウェブスター」と並んで、アメリカ系辞書。
ウェブスター」の名を冠する辞書は、基本的にアメリカ系。

真ん中の「コリンズ」は、コウビルドの兄弟辞書で、イギリス系。
一様に並べた上掲EFL辞典4点が、イギリス系なのは既述の通り。

※  詳細は、LDOCE(ロングマン現代英英辞典)


◆  親近感を抱きやすい “handy” の利便性は、
以上より理解できるだろう。

英単語全体から見た重要頻出は、さほど高くない。

LDOCE6(ロングマン)の表記によれば、

  • 重要:<3001~6000語以内>
  • 書き言葉の頻出<2001~3000語以内>
  • 話し言葉の頻出:3000語圏外

それでも、すこぶる重宝する形容詞であることに違いはない。
なにしろ、「便利な」「身近な」「器用な」を1語で表せる。

「叙述用法」と「限定用法」に分けた先述の文も交え、
基礎例文を掲げる。

便利な」「役立つ

  • “This map is handy.”
    (この地図は便利だ。)
  • “You may find this handy as a quick reference tool.”
    (ささっと参照するには、これが役立つだろう。)
  • “Just visit our handy, 24/7 portal.”
    (弊社の便利な年中無休のポータルまで、お気軽にどうぞ。)

身近な

  • “I always keep my dictionary handy.”
    (私は常に辞書を手元に置いている。)
  • “This area is handy for the train station.”
    (この辺りは駅から近い。)

器用な

  • “She is handy with a sewing machine.”
    (彼女はミシンの扱いがうまい。)
  • I was not quite so handy with the language.
    (その言語はそれほどうまくなかった。)

「便利」か「器用」か迷うケースがあるのが、対人用途。

  • “He is a handy person.”

「気安く利用できる、便利な人」などと、搾取的解釈もありうる。

人物を「便利」と評する際は、この種のリスクを帯びる。
この点、日英に共通するものの、文脈からだいたい判断できる。

“handy” の基本は、ポジティブと押さえておいてよい。

◆  これらの例文は、日常生活に即した使い方である。

ニュース見出しを調べると、” come in handy
の3語ワンセットが目立つ印象。

「思いがけないときに役立つ」という具合。

既記の4EFL辞典のうち、例文のみでなく、解説を入れているのが、
“OALD9” と “COBUILD9″。

それぞれ “idiom”、”phrase” として、3語ワンセットの熟語
であることを明示する。

come in handy

Idioms

(informal) to be useful.
(OALD9、オックスフォード)

PHRASE

If something comes in handy, it is useful in
a particular situation.
(COBUILD9、コウビルド)

少々物足りないゆえ、CALDの兄弟辞典も援用する。

come in handy

to be useful.

Cambridge Academic Content Dictionary
※  学術用

軒並みシンプルすぎて、代わり映えのしない気がする。

  • “That was not quite handy.”
    (あんまり役に立ってないね。)

気を取り直して、今年2020年発表の見出しを10点抽出する。

  • 10 INVENTIONS THAT WILL COME IN HANDY
    (きっと役立つ発明10件)
  • When Do Ultrasounds Come in Handy ?
    (超音波検査はいつ役立つか)
  • 5 Color Tools That Come In Handy For Web Designing
    (ウェブデザインに役立つ配色ツール5点)
  • A Car Safety Kit Can Come In Handy During The Winter
    (冬に役立つ車の安全セット)
  • 21 Life Hacks That Could Come in Handy
    (21の便利なライフハック)
  • Mobile washrooms to come in handy for women police on duty
    (勤務中の女性警察官に便利な移動式トイレ)
  • Cold War bomb shelter comes in handy during tornadoes
    (冷戦中の防空壕は竜巻で役立つ)
  • A ‘hood pedigree comes in handy later in life
    (低所得者出身の経験は人生後半で役立つ)
  • Medical background comes in handy
    when administering country, says PM
    (医学の経歴は国家統治に役立つと首相)
  • Oxygen comes in handy at 35,000 feet
    (高度3万5千フィートで酸素が役立つ)

確かに、辞書の記す “useful“(便利な、役立つ)
で間に合っている感じ。

◆  なお、「ハンディがつく」の「ハンディ」は、”handicap” を指す。

【発音】   ˈhæn.dɪ.kæp
【音節】    hand-i-cap  (3音節)

通常のカタカナ表記では、長音「ハンディー」ではなく、
「ハンデ」「ハンディ」だが、話し言葉では混同することも。

「帽子の中の手」の意で、くじ引きが語源。

帽子(cap)にお金を入れ、賭けに出る時、お金を手で握ることから、

hand in cap” → “hand i’ cap” → “handicap“。

初出は17世紀。
18世紀になると、競馬の「ハンデキャップ競走」に流用された。

競走馬に均等に勝機を与える目的で行われるレースで、
「ハンデ戦」「ハンディ戦」とも呼ぶ。

馬の能力に応じて、鞍の下に重りを付けて、重量を増減させる。

すなわち、優者に不利な条件をつけることで、負担する重量が
“handicap”。

この「不利な条件」が「心身障がい(a mental or physical disability)」
を表現するようになるのが、20世紀初頭。

近年では、形容詞であれば “disabled”  や “challenged” が中心となり、
心身障がいとしての “handicapped” は見聞きしなくなっている。

【発音】   dɪˈseɪ.bəld
【音節】   dis-a-bled  (3音節)

【発音】   ˈtʃæl.əndʒd
【音節】    chal-lenged  (2音節)

名詞であれば、”handicap” ではなく、”disability“。

【発音】   ˌdɪs.əˈbɪl.ə.t̬i
【音節】    dis-a-bil-i-ty  (5音節)

変化をもたらしたのが、1992年に “National Center on Disability and Journalism
(NCDJ)が発表した指針。

現在、NCDJのサイトで紹介されている。

NCDJ Recommendation:
Avoid using “handicap” and “handicapped” when describing a person.
Instead, refer to the person’s specific condition or use “person with a disability.”

“NCDJ STYLE GUIDE Revised 2018”
https://ncdj.org/style-guide/
【PDF】  2018年版

ADA(米国障がい者法)の関連機関が発行するガイドラインでも、
心身障がいの意味合いでは、ほぼ死語扱いされている。

Note that ‘handicapped’ is an outdated and unacceptable term
to use when referring to individuals or accessible environments.

Guidelines for Writing About People With Disabilities
https://adata.org/factsheet/ADANN-writing
【PDF】  2017年版

 

【参考】      ※  外部サイト

障害を表す英語の表記
https://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/prdl/jsrd/norma/n302/n302017.html
寺島彰(浦和大学総合福祉学部、当時),
月刊「ノーマライゼーション 障害者の福祉」2006年9月号,
(財)日本障害者リハビリテーション協会発行.

 

 

◇  接尾辞 “y“(特徴を持つ) 

【ご注意】

「量が多い」を意味する「ボリューミー」は和製語。
“volume” の形容詞は、英語では “voluminous“。

【発音】   vəlúːmənəs
【音節】   vo-lu-mi-nous  (4音節)

同義語扱いされる “full“、”large“、”numerous
などに比べ、接する機会が皆無に近いマイナー語。

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ