プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Keep distance

      2019/10/11

距離を置く、距離を取る  

 

image.png相手が人間であろうと、物事であろうと、
距離を置かなければならない時期がある

冷静になるため。衝突を避けるため。
成長を促すため。心身を休めるため。

しばし離れる方がよい場面は、
人生の随所随所に現れる。

その際、時宜を得た判断に基づき、適切な距離を保てるか。
これができれば、大抵の困難は乗り越えていけるだろう。

時間が経てば、潮目が変わることは多い。
そうなると、自ずと見方も違ってくるもの。

しかし、肝心な距離の取り方が難しい。


◆ “keep distance” は、心理的・物理的距離を問わない。

公私にわたり、硬軟両様に幅広く使える「距離を置く」。
末尾の例文でご案内するように、堅めのニュース記事にも出てくる。

体験的に理解できるばかりでなく、日本語にだいぶ重なるため、
なにかと身近で便利な言い回し。

これから、この2語を用いた決まり表現を一挙公開する。

いつもの 4大学習英英辞典(EFL辞典)に加え、オンライン英英2点、
ネイティブ向け辞書3点より引用。 この順に、合計9点。

要所には緑のハイライトを施した。

keep your distance
a) to stay far enough away from someone or something to be safe.

b) (also keep somebody at a distance)
to avoid becoming too friendly with someone.

(LDOCE6、ロングマン)

————————————————————–

keep somebody at a distance
to refuse to be friendly with somebody; to not let
somebody be friendly towards you.

keep your distance (from somebody/something)
1. to make sure you are not too near somebody/something.
2. to avoid getting too friendly or involved with a person, group, etc.

(OALD9、オックスフォード)

————————————————————–

keep your distance
to avoid going near someone or something, or to avoid getting
too friendly with people.

(CALD4、ケンブリッジ)

————————————————————–

If you keep your distance from someone or something
or keep them at a distance, you do not become involved
with them.

If you keep your distance from someone or something,
you do not get physically close to them.

(COBULD9、コウビルド)

————————————————————–

keep your distance
1. to avoid going near someone or something.
2. to avoid becoming friends with someone.

(マクミラン、https://www.macmillandictionary.com

———————————————————-

keep one’s distance or keep at a distance
to stay aloof; maintain a reserved attitude.

(メリアム ウェブスター、https://www.merriam-webster.com

———————————————————-

keep one’s distance
to maintain a proper or discreet reserve in respect of another person.

Collins English Dictionary, 12th Edition

———————————————————-

keep at a distance
to be reserved or cool toward; treat aloofly.

keep one’s distance
to be or remain aloof or reserved.

Webster’s New World College Dictionary, 5th Edition

———————————————————-

keep one’s distance
Stay away; also, remain emotionally remote.
[Late 1500s]

The American Heritage Dictionary of Idioms, 2nd Edition

———————————————————-

  • aloof“(əlúːf)よそよそしい、離れた
  • reserved“(rizə́ːrvd)控えめな
    ※ ともに形容詞

つれなく冷たい。無情で思いやりがない。

そんな語釈ばっか。

だが、「距離を置く」「距離を取る」とはそういうこと。

対象が無生物(”something”)ならともかく、
生身の人間(”somebody”、”someone”)となると、
立場や影響を考慮する必要があり、結構煩わしい。

それゆえ「肝心な距離の取り方が難しい」。

上記語釈を順繰りに読み、疎外感・不快感を覚えるか。
拒否され、いじめられている感じがするか。
神経を突き刺すような痛みを催すか。

これらの感覚が少しでも体感できれば、英語に馴染んでいる。
自信をもってよい。

初学者は、ネガティブ語釈のオンパレードでも、まだ何も感じない。

◆ 先の英英辞典9点をまとめると、次の3つ。

  1. keep your distance
  2. keep one’s distance
  3. keep at a distance

3つとも「距離を置く」「距離を取る」の意。

1と2は、実質同じ。
なぜなら、人称代名詞「2. one’s」は、所有格の代表形。

具体的には、”one” の所有格が “one’s”。
my、your、his、her、its、their、our を代表する。

所有格のひとつに過ぎない「1. your」以外にも対応する表現
であるから、応用の効く代表形「2. one’s」を起用している。
いわば、所有格のワイルドカードとして使われる。

そして、「3. keep at a distance」は、”LDOCE6” と “OALD4”
が示すように、

  • keep somebody at a distance

こうして、目的とする「誰か」(下線部)を挟むこともできる。

“somebody” もここでは代名詞。
やはり、代表形の機能を有し、目的格を入れる箇所。

代名詞なら、me、you、him、her、us、them、it。
具体的な名前でもよい。

  • Keep him at a distance.”
  • Keep your boyfriend at a distance.”
  • Keep Bob at a distance.”
    (彼とは距離を置いとけ。)

無論、ここの目的語は人間に限らない。

  • Keep the dog at a distance.”
  • Keep your phone at a distance.”
  • Keep drugs at a distance.”

以上より、このように二分できるのが “keep distance” の決まり表現。

  • Keep your distance
  • keep one’s distance
  • keep at a distance
  • keep somebody at a distance

上掲の “LDOCE6” 及び『メリアム ウェブスター』の項目立てでは、
同義扱いされている。

したがって、基本は全部「距離を置く」「距離を取る」でよい。

◆ 語釈からは、馴れ合いの人間関係を諌めている印象もある。

  • maintain a reserved attitude.(メリアム ウェブスター)
  • to maintain a proper or discreet reserve in respect of another person.
    (Collins English Dictionary, 12th Edition)

既述したように、 ここでの “reserve” とは「控えめな」くらいで、
他者を尊重するために、遠慮がちな態度を取るという具合。

両者の解説は、他とは趣が少々異なる。
「親しき中にも礼儀あり」に似た雰囲気。

  • “My boss prefers to keep subordinates at a distance.”
    (私の上司は部下から距離を置くことを好む。)

実際、こういう方針の上司は少なくない。

意識的に他者を遠ざけるよう努めている人は大勢いる。
これまで挙げた数々の英英辞典で説明されており、
普遍性を示唆する。

つまり、人界に蔓延する考え方。

国籍・人種・老若男女を問わず、距離感のある人付き合いを
望む人々は、まったく珍しくない。経験上、断言したくなる。

人間関係の苦手な方は、この事実を知るだけで、ぐっと楽に
なるかもしれない。

決して悪気はないのだ。
きっと、十分な間合いを要する人なのだろう。
その人にとって、それが心地よく、安心な交わりなのだろう。

  • to stay far enough away from someone or something
    to be safe.
    (LDOCE6)

ご本人の希望により、あえて距離を置かれているのであり、
必ずしもこちら側に問題があるわけでない

人が距離を取ることの動機は様々なのである。

  • “I’ve tried being friendly but she keeps her distance.”
    (彼女と仲良くしようとしたが、距離を置かれている。)

そうは言っても、この種のすれ違いはきつい。
相手に好意をもっている場合はなおさら。
拒絶されたと感じ、ひどく傷ついたりする。

一方、厳しく拒む意図で、露骨に遠ざける場面もある。

  • to refuse to be friendly with somebody(OALD9)
  • you do not become involved with them(COBULD9)
  • to avoid going near someone or something(マクミラン)

“refuse”、”do not”、”avoid” は、断固として拒むという感じ。
峻拒の意思を含み、確実に避けている。

その理由は、皆目見当がつかなかったりするから、厄介なものだ。

いずれにせよ、距離感の取り方は人それぞれである上、状況いかん
で変動する性質を帯びるため、人間関係同様、たやすくないと思う。

  • “At first, we kept our distance from each other.”
    (初めの頃は、お互いに距離を置いていた。)
  • “We ended up keeping our distance from each other.”
    (最終的に
    、お互いに距離を置くことになった。)
  • “I try to keep an emotional distance from toxic parents.”
    (毒親から心理的距離を保つべく努めている。)

◆ 仕上げに、単語チェック。

■ “keep” は、ここでは他動詞「保つ」の意味。

語源は、古英語「つかみ取る」(cēpan)。

【語形変化】 ※ 発音はクリック
keepkeepskeptkeptkeeping

他動詞に加えて、自動詞と名詞もあるが、
この他動詞「保つ」こそ、”keep” の真骨頂。

語源「つかみ取る」から生じた意味合いの、
持ち続ける」「保つ」「取る
は、中級学習者であれば理解しているはず。

よって、「距離を置く」「距離を取る」「距離を保つ」
に “keep” を用いる点にも、すんなり納得が行くだろう。

 

■ “distance” には、名詞と他動詞がある。

【発音】 dístəns

語源は、ラテン語「離れて立つ」(distantia)。
この「隔たり」感を貫くのが、”distance” の持ち味。
空間・日時・感情・性質・身分の隔たりまでカバーする。

– 名詞「隔たり」「距離」「広がり」「相違」
「敬遠」「遠慮」「よそよそしさ」
– 他動詞「引き離す」「遠ざかる」「遠のける」

【語形変化】
distance – distances – distanced – distanced – distancing

表題の “distance” は、名詞「距離」。
距離競技「ディスタンスレース」は、”distance race”。

  ディスタンス【distance】
距離。間隔。
(大辞林 第三版)

名詞 “distance” は、可算と不可算を兼ねる。

可算・不可算兼用の名詞は無数あるが、その名詞の
語意によって、どちらかに分かれるケースが目立つ。

例えば、抽象的な概念なら不可算、具体的な品物なら可算。
light” の場合、エネルギーの光は不可算、照明器具は可算。

ところが、基本が兼用なのが “distance” の特色。
語源「隔たり」からして、可算と不可算兼用。

本稿で引用した英英の「隔たり」= “distance” は、
一様に兼用扱い(countable or uncountable)する。

ただし、コウビルドのみ、”N-VAR“と表記する。これは、
「可算名詞および不可算名詞の両方の用法で使用される名詞」。
すなわち「可算・不可算可変名詞」(variable noun
を指すので兼用同然である。

派生した「敬遠」「遠慮」「よそよそしさ」については、
兼用扱い(OALD9)するものもあれば、「単数名詞」
にする辞書もあり(LDOCE6、CALD4 など)、論が分かれる。

※「単数名詞」“singular noun”= 単数形で使われるのが一般的な名詞

1つずつ引用すると、

■ UNFRIENDLY FEELING  [singular]
a situation in which two people do not have a 
close friendly relationship.
(LDOCE6)

[uncountable, countable] 
a situation in which there is a lack of friendly 
feelings or of a close relationship between two people
or groups of people.
(OALD9)

大切なことは、”distance” の最も基本となる語義「隔たり」は、
可算・不可算兼用だという点。この点に争いはない。

先の9辞書の項目立てには含まれないが、無冠詞の “distance” も
少数派ながらも使われている。


◆ 今年2019年発表のニュース見出しで締めくくりたい。

  • “Senate Democrats keep distance from X campaign”
    (上院民主党はX陣営から距離を置く)
  • “Politicians Keep Distance From X Parties”
    (政治家たちはX政党から距離を取る)
  • “Yellowstone warns visitors to keep distance from wildlife”
    (イエローストーンは野生動物から離れるよう来訪者に警告)
  • “X is Warned To Keep a Distance From Former Colleagues”
    (Xは元同僚から距離を置くよう警告される)
  • “Federal employees want taxpayers to keep their distance
    (納税者に離れてもらいたがる国家公務員)
  • “X senator says Y warship in Black Sea should keep its distance
    (X国議員、黒海のY国軍艦は距離を置くべきと述べる)
  • “President to Keep Moscow at Distance in 2020 Race to Negate Rivals”
    (2020年大統領選でライバルをなくすため、モスクワと距離を取る大統領)
  • “Authorities Keep Distance, Yet Work With Armed Border Group”
    (国境の武装勢力と距離を保ちつつ、協力し合う当局)
  • Reminder to keep a safe distance from whales”
    (クジラから安全な距離を保つための注意喚起)
  • “Women’s Advocacy Groups Keep Their Distance
    From X Assault Scandal”
    (女性支援団体、X暴行スキャンダルから距離を置く)

※「見出し」英語の解説は、ここが秀逸 ↓
英語ニュースの読み方(見出し編)RNN時事英語

 

【類似表現】

“fend off”
https://mickeyweb.info/archives/24646
(かわす、寄せ付けない )

“draw the line”
https://mickeyweb.info/archives/29394
(限界を設ける、一線を画する、線引きする)

“walk out”
https://mickeyweb.info/archives/9652
(立ち去る、退席する)

 

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ