プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Whoa !

      2020/09/18

ちょっと待った!

突然、話し相手が「ウォー」と言ったら、
「待った」がかかったとまず考えよう。

【発音】  hwóu  (1音節)

  Whoa,  whoa !  

と2つ重ねて使うことも多い。

初めて聞くと、何事かと驚くだろう。

いきなり「 ウォー、ウォー」などと
わめかれた際には、正気を疑いたくもなる。

  • ちょっと 落ち着けよ !

  • もっと ゆっくり!

  相手の言動を制止する「待った」

◇  後掲 “LDOCE6” の語釈「1」の下線の通り


◆  “Whoa” は、間投詞(かんとうし)である。

「間投詞」(interjection)とは、
感動や応答を表す語で、
単独で文となりうる呼掛け言葉。

【例】 “Oh ! “、”Oops ! “、”Alas ! “、
Gross ! “、”Snap ! “、”Welcome back ! “、
Well done ! “、”Barf ! “、”Check!”

 

◆  日本でお馴染みの「ワオ!」(” Wow ! “)も間投詞。

表題 “Whoa!” と一見似ているが、発音も意味も異なる。

  • Whoa”  /hwóu/
    口を縦にすぼめて発音する。
  • Wow”  /wáu/
    口を横に広げてから縦にする。

どちらも「1音節(one syllable)」の単語。

※ 「音節」(syllable、シラブル)とは、発音の最小単位

だから、腹の底から、思い切り ゲロする 勢いで、
一息で吐き出して発声。

whoa

1 used to tell someone to become
calmer or to do something more slowly.

(ロングマン、LDOCE6)

もっとも、こちらの「ワオ」同様のマイナー用法もある。

2 said to show that you are surprised
or that you think something is impressive.

(ロングマン、LDOCE6)

※  下線は引用者

【発音】  hwóu  (1音節)


◆  他者の言動に、突如「待った」をかける ” Whoa ! “。

状況によっては、相手に対して、大変失礼な発言 となる。

目上であれば、なおさらである。

この点、日本語の「 待った!」同然。

 

ちょっと 待った!!

 

“Whoa !  You are lying.”
(ちょっと待った!君は嘘ついてる。)

“Whoa !  Don’t do that ! ”
(待った!そんなことすんなよ!)

“Whoa !  That is so mean.”
(ちょっと待った!それって意地悪すぎるよ。)

“Whoa !  Stop right there.”
(そこまで!もうやめろ。)

“Whoa !  Why are you saying this ? ”
(ちょっと待って。なぜそんなこと言うの?)

◆  “Whoa ! ” は、牛や馬を停止させる時の掛け声にも使う。

日本語では「 どうどう 」と言うらしい。

【参照】   “round up” の図

牛馬と共通の呼掛けなので、
無礼に聞こえても不思議でないかも。

【類似表現】

“Hold it ! ”
https://mickeyweb.info/archives/2190
(動くな!)

“nice and easy”
https://mickeyweb.info/archives/1955
(そうっとね。落ち着け。おとなしくしな。)

 


Sponsored Link




Jetpack

 - 英単語, 英語