プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Snap

      2020/01/05

ぴしゃりと言う、ブチ切れる

「スナップボタン」「スナップ写真」で
お馴染みの “snap”。


どちらも パチンと手早く 済む。

これが “snap” の基本イメージ。

◆ “snap” には、自動詞・他動詞・名詞・形容詞・
副詞・間投詞がある。

語源は、オランダ語「ぐいっとつかむ」(snappen)。
どこか小生意気な感じがする “snap”。

【発音】 snǽp

後述の通り、1音節なので、とにかく勢いがある。

多義で品詞は多いものの、この語感が基本的意味を貫く。
また、自他動詞の意味はほぼ重なる。

  • 自動詞
    「パチンと閉まる」「ポキッと折れる」「ブチ切れる
    「スナップ写真を撮る」「ぴしゃりと言う」「素早く動く」
  • 他動詞
    「パチンと閉める」「ポキッと折る」
    「スナップ写真を撮る」「ぴしゃりと言う」「素早く動く」
  • 名詞
    「パチン、ポキッ」「指パッチン」「活力」「怒声
    ※ 可算・不可算兼用。 「怒声」は 可算名詞
  • 形容詞
    「パチンと閉まる」「即座の」
  • 副詞
    「ポキッと」「ぷっつりと」
  • 間投詞
    「わあ、同じだ!」 → 同種のものを見た時の叫び

間投詞」(interjection)
とは感動や応答を表す語で、

単独で文となりうる呼掛け言葉。

【例】”Oh ! “、”Oops ! “、”Alas ! “、
Whoa ! “、”Gross ! ”、“Welcome back ! ”、
Check!”、”Well done ! ”、”Barf ! “

基本的意味のみでも、これほど多彩である。

パチン」「ポキッ」という語感を、共通して
感じ取ることができるだろうか。

いずれも副詞で、実際の音を真似た言葉。
擬音語(onomatopoeia)または「擬声語」と言う。

【参照】 “tingling sensation (ASMR)”、“ring a bell

さて、表題「ぴしゃりと言う、ブチ切れる 」。

上掲(緑字)にあるように、自動詞・他動詞・名詞
が関係する。

相手の言動にカチンと来て、激昂し、 
——
態度に出している状態           

  • ぴしゃりと言った
  • ブチ切れた

描写の対象となる行動は、こうして既に終わっている場合が大半。
すなわち、実際に行われた言動や態度を表現する場面が多い。

したがって、現在形よりも過去形 “snapped が普通
特に、文中では過去形が目立つ。

この傾向は、英語ほど<時制>に厳格ではない日本語でも
同様であろう。

ただしニュース見出しは、過去分も現在形が原則。
よって、”snap” や “snaps”(主語が単数でI、You 以外
となる。

※ 「見出し」英語の解説は、ここが秀逸 ↓
英語ニュースの読み方(見出し編)RNN時事英語

“snap” 

■「びしゃりと言う」:自動詞・他動詞
to say something quickly in an angry way.

■「ブチ切れる」:自動詞のみ
to suddenly stop being able to control your
anger, anxiety, or other feelings in a difficult situation
.

  • 重要度:最上位 <トップ3000語以内>
  • 書き言葉の頻出度:<2001~3000語以内>
  • 話し言葉の頻出度:3000語圏外

以上、LDOCE(ロングマン)参照

【発音】 snǽp

多義の中、この2つの意味を取り上げたのは、
見出しやいざこざ記事で見かけることが少なくないから。

<感情露わ>の芸能ニュースで重宝される用法である。

最頻出には至らないが、上記の通り重要ではある。
「写真を撮る」と異なり、字面から意味を推測しにくく、
事前に知らないとお手上げ。

弊サイトでは、このような英語を優先させる方針を採用する。

◆ “snap” も “snapped” も、1音節(one syllable)
で語勢が強く、まさに「ぴしゃり」の語感。

※「音節」(syllable)とは、発音の最小単位。
日本語の場合、原則として「仮名一字が1音節」。
そのため、音節を意識する機会は乏しい。

「ぴしゃりと言う、ブチ切れる 」の区別は、
文脈で判断するのが原則である。

後者は自動詞のみゆえ、そこでも判別できる。

次の各文を見て、区別できるとよい。
いずれも、今年2017年に発表された記事である。

  • What do you want? ” he snapped.
    (「何の用?」彼はぴしゃりと言った。)
  • “After a stressful day at work, I snapped at my kids.”
    (仕事でストレスの多かった一日を終えてから、
    私は子どもにつらく当たった。)
  • “One morning I just snapped.” ※ 心が壊れる感じ
    (ある朝、私はいきなりブチ切れた。)

  • Something inside me snapped, and I walked out.”
    (心の中で何かがブチ切れて、私は立ち去ったのです。)

  • X Snaps in Interview: “Why the F–k Am I Doing This?”
    (Xがインタビュー中にブチ切れ「なぜ俺がこんなこと
    しなけりゃならんの?」)
    ※ “F–k” は卑語(expletive)”fuck” の伏字

本の「自炊」に人気のスキャナ “ScanSnap“(富士通

PFU ScanSnap iX1500 FI-IX1500(2018年発売)

“snap” の形容詞「即座の」と動詞「写真を撮る
で見事にアピールする、掛詞のネーミングである。

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英単語, 英語