プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Open fire

      2022/08/03

・ Estimated Read Time ( 推定読了時間 ): 6 minutes

発砲する 

銃撃につきまとう表現が  ” open fire “。

< 2語ワンセット > で 「 発砲する 」。

本来、この用法は アメリカ英語 とされるが、
現在はニュースで頻用されている。

初めて見聞きすると意味不明かもしれないが、
分かりやすいイメージなので、一度学べば大丈夫。

 

これがイメージ。 

あくまでイメージ。

実際に射撃してみれば分かるが、銃が
こんな派手な火を発することはない。


◆  イギリス英語の  ” open fire ” は、「 暖炉( の火 )」
も意味する。

可算名詞である。

同じく可算名詞の ” fireplace “( 暖炉 ) の同義語。

【発音】   fáiərplèis
【音節】   fire-place  (2音節)

ニュース用法では、ほとんど「 銃を撃つ 」。

報道価値 を帯びるゆえなのは、言うまでもない。

  • “The police opened fire on an unarmed man.”
    (警官が武器を持たないの男性に発砲した。)
    (警察が非武装の男性に発砲した。)

したがって、本稿でも「 発砲 」中心に取り上げる。

” open fire (on something) “

to start shooting at someone or something.

( ロングマン、 LDOCE6 )

  ひぶたをきる【火蓋を切る】

火蓋を開けて、発火の用意をする。
発砲する。転じて、戦闘行為を開始する。
戦端を開く。

「 幕を切って落とす 」と混同して、
「 火蓋を切って落とす 」ともいう。

( 広辞苑  第七版 )


◆  成り立ちは「 火蓋を切る 」に似ている。


「 火蓋 」とは、火縄銃の火種が引火しないための
安全装置カバー。

発砲するには、火蓋を開けなくてはならない。

開けて開始 することを「 切る 」と称する。

「 スタートを切る 」と似通う。

この「 切る 」が、 ” open “。

次に説明するように、” open fire ” と重なる。

◆  open ” には、 形容詞・他動詞・自動詞・名詞がある。

【発音】   óupn
【音節】   o-pen  (2音節)

語源は、古英語「 開ける 」( open )。

語源そのままの「 開いた 」「 オープン 」との共通イメージ
でほぼ一貫しているので、 比較的理解しやすい。

ここでは、他動詞「 始める 」。

開けて開始 する感じ。

◆  fire ” にも、形容詞・他動詞・自動詞・名詞がある。

【発音】   fáiər
【音節】   fi-re  (2音節)

語源は、古英語「 火、炎 」( fȳr )。

こちらも語源に忠実で、多義であるものの、「 火 」の
有する激しいイメージを貫くので分かりやすい。

ここでは、名詞 「 発射 」「 射撃 」。

名詞 ” fire ” は、 可算名詞と不可算名詞を兼ねる。

「 発射 」「 射撃 」は、不可算名詞が通例。

したがって、 無冠詞で用いられる。

◆  類似表現を挙げる。

  • cease  fire ( 射撃をやめる )
    ◇  号令 「 撃ち方止め
    ◇  1語の可算名詞   ” ceasefire ” は、 「 停戦 」
  • return fire ( 撃ち返す )

  • pour fire ( 砲火を浴びせる )

※  動詞は、すべて他動詞


◆  ” open fire ” は、
「 発射を始める 」「 射撃を始める 」。

端的に 「 発砲する 」。

より抽象的に 「  攻撃する  」 を意味することもあるが、
最近のニュースメディアでは 「 発砲する 」 ばかりの印象。

これが現実の姿 」 というのもはばかれるほど、
近年多発しているのが、

  •   open fire incidents  ( 発砲事件 )

殊に、 アメリカの乱射事件 ( shooting spree
は、
学校及び職場における銃乱射が目立つ。

【参考】    ※  外部サイト

 「 米国の銃問題 」 のニュース ( CNN )
https://www.cnn.co.jp/topic/us-gun-violence/


◆  悲しいかな、” open fire ” の <見出し> 抽出は簡単。

今年2017年に限定しても、無数出てくる。

たった2分の検索で、これだけ 採集 できた。

< 今年 2017年 ニュース見出し >

  • “XX Forces kill three civilians in an open fire incident”
    発砲事件でXX軍が一般市民3名を殺害)    ※  形容詞用法
  • “Gunmen in Halloween masks open fire
    (ハロウィンマスク姿の銃撃犯が乱射)

  • “Man opens fire in Texas, killing more than 20 people”
    (テキサスで男が発砲、20名以上死亡)

  • “XX Troops open fire on civilians fleeing attacks”
    (XX軍が攻撃から逃れた一般市民に発砲)

  • “Police mistakenly open fire on actor playing bank robber”
    (銀行強盗役の役者に警察が誤って発砲)
  • “Security forces open fire on protesters”
    (治安部隊が抗議者に発砲)
  • “An employee open fire on co-workers”
    (従業員が同僚に発砲)


上記例文からも分かるように、
標的には対象の前置詞
on ” が多用される。

目標の前置詞 ” at ” でも代替可能な場合が大半だが、
” open fire ” では ” on ” がより一般的な印象


◇  「見出し英語の解説は、ここが秀逸  ↓
英語ニュースの読み方(見出し編)RNN時事英語

 

【関連表現】

◆  最後に、乱射に巻き込まれた際のハウツーをご紹介。

まず、 米連邦政府と米軍機関が公式発表した、啓発ポスターのうち、2枚。


How to respond when an active shooter is in your vicinity

( 銃撃事件への対応 - 自分の周辺に銃撃犯がいる場合 )

1.  逃げろ     2.  隠れろ     3.  戦え


https://patriot1tech.com/in-the-news/active-shooter-resources-dhs-gov/
2019年発行

 

https://www.msc.navy.mil/sealift/2016/January/activeshooter.htm   (リンク切れ)
2016年発行


職場配布用と想定し、 1点目をざっと和訳してみた ( 参考和訳 )。

「 走る 」のが苦手な年配者などに配慮し、 ” run ” を「 逃げる 」と訳した。

 

「 3. 戦う( Fight )」の  ” throw items at the active shooter “。

最後の手段として、「 物を投げつける 」ことを推奨するとは  …

丸腰でやむを得ないにしても、 訳していて、 つい笑ってしまった。


◆  こちらは、 避難訓練当日に届いた職場メールの本文。

2021年11月に受信した実物。

自然災害の多い日本には、 火事・地震対策の避難訓練はあるが、
乱射事件のおそれがある国では、 こうした訓練も行われている。


Exercise,  Exercise,  Exercise ”  は、「 これは訓練です 」の意。

訓練前に周知するため、 文面のみならず、 館内放送・公共放送など
でも使われる、決まり文句。

【参考】    ※  YouTube

https://www.youtube.com/results?search_query=%22+Exercise%2C%C2%A0+Exercise%2C%C2%A0+Exercise+%22


こうして ” Exercise ”  を3回反復するパターンが、 最も一般的。

官公庁や米軍でも使われている。

通りがかりの人を含む、 受け手の誤解と混乱を招かないために、
訓練実施中も、 3回反復をワンセットで繰り返し流したりする。

【発音】   éksərsàiz
【音節】   ex-er-cise  (3音節)

語源は、ラテン語 「 訓練した 」( exercitium )。

 

◆  ” lockdown ” とは、「 封鎖 」を意味する「 ロックダウン 」。

2020~2022年、COVID-19( 新型コロナウイルス感染症 )の際は、
「 都市封鎖 」 と和訳されていたが、 カタカナ「 ロックダウン 」
の方が、 大手メディアでは好まれた模様。

名詞としての初出は1974~1975年で、 割かし新しい。

感染病の他にも、 上掲のような安全を脅かす事件発生時に、
特定の場に人々を閉じ込めておくことで、 避難させる目的。

同時に、立入禁止にして、外部からの流入を禁じるのが原則。

【発音】   lɔ́kdòun
【音節】   lock-down  (2音節)

さらに、 囚人の場合は、 独房への監禁( 独房収容 )を指し、
これまた安全確保を旨とする。



◆  日本の学校でも行われる消防訓練は、” a fire drill “。

前掲メールにも、” part of a drill ” ( 訓練の一部 ) と書いてある。

【発音】   dril
【音節】   drill  (1音節)

反復練習する 「 ドリル 」、 穴あけ工具の「 ドリル 」と同一。

語源は、オランダ語 「 穴をあける 」( drillen )。

 

◆  以下、 ” Smoking gun ”  より再掲。

< 銃 >

  •  gun ( 銃 )   ※  頻出
  •  handgun ( 拳銃 )
  •  machine gun ( 機関銃 )
  •  pistol ( 拳銃 )
  •  revolver ( 回転式連発拳銃 )
  •  shotgun ( 散弾銃 )
  •  open fire ( 発砲する )


< 軍事・行政用語 >

  •  firearms ( 鉄砲類 )   ※  頻出
    →  携行できる銃器( 拳銃、ライフル など )
    の総称として、公式文書やニュースで多用。

    【発音】  fáirɑ̀rm
    【音節】  fire-arm (2音節)

  •  small arms ( 小銃類 )( 小火器 )
  • homemade  firearm
  • a  homemade  weapon
  • a  homemade  gun
    ( 手製の武器・銃 )

” Japan’s Shinzo Abe Fatally Shot in the Heart With Homemade Gun ”
https://www.thedailybeast.com/shinzo-abe-reportedly-shot-in-the-chest-on-nara-street-during-speech-and-rushed-to-hospital
2022年7月8日付

 

【参考】

アメリカ合衆国憲法 修正第2条 ( 武器保有権 )

Right to Bear Arms
Constitution of the United States Second Amendment

A well regulated Militia,  being necessary to the security of a free State,
the right of the people to keep and bear Arms,  shall not be infringed.

Ratified December 15, 1791.


参考和訳 >

武器保有権

アメリカ合衆国憲法 修正第2条

規律ある市民軍は、自由な国家の安全のために必要であるため、
国民が武器を保有し携行する権利は、これを侵してはならない。

1791年12月15日成立

https://constitution.congress.gov/constitution/amendment-2/
https://constitutioncenter.org/interactive-constitution/amendment/amendment-ii
https://americancenterjapan.com/aboutusa/laws/2569/

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ