プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

The truth hurts.

      2017/07/09

真実とはつらいもの。

ほぼ直訳のまま。

”truth” は名詞のみの単語。
可算名詞と不可算名詞を兼ねるが、
主に不可算名詞として使われる。
ここでも不可算名詞。

基本的意味は、
「真実」「真理」「立証された事実」。

“truth”(真実) は一つなので、
この用法では “the” をつけるのが通例。
もっとも、”in truth”(実際のところ)など、
副詞的に使う場合は無冠詞もある。

“hurt”は、ここでは自動詞「痛みを与える」。
転じて、「つらい」。

“the truth”(唯一の真実)は単数ゆえ、
“s” つけて “hurts”。

少しきざな言葉だが、映画・ドラマ以外でも
耳にすることがある。
自分に言い聞かせたり、人を慰める場合である。

「本当のこと(真実)を知るのは、苦しいこと」。
人生の教訓(life’s lessons)であろう。

現実問題として、真実を知ることは
良し悪しであろう。
相手や状況次第では、知らないままでいる方
がよいことも少なくない。

「真実の苦しみ」を負う必要がなければ、
知らなくても許されるかもしれない。
とすれば、その負担に耐えられる人限定の
言葉かもしれない。

———————————–
【関連表現】※ 現実との折り合い

“Things change.”
https://mickeyweb.info/archives/3326
(事情は変わる。)

“Things happen.”
https://mickeyweb.info/archives/9323
(こんなこともある。)

“What goes around comes around.”
https://mickeyweb.info/archives/1038
(因果応報。因果は巡る。)

“It’s always darkest before the dawn.”
https://mickeyweb.info/archives/1963
(夜明け前が最も暗い。)

“rock bottom”
https://mickeyweb.info/archives/10672
(どん底)

“It is what it is.”
https://mickeyweb.info/archives/3877
(それが現実の姿です。)

“I can live with that.”
https://mickeyweb.info/archives/1872
(それで構いません。)

“at peace with”
https://mickeyweb.info/archives/9300
(心穏やかでいる、平和でいる)

“fact of life”
https://mickeyweb.info/archives/10864
(人生の真実、現実)

“My time is up.”
https://mickeyweb.info/archives/11257
(私の時代は終わった。)

”Life goes on.”
(それでも人生は続く)

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ