プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Hilarious

      2021/01/07

かなりおもしろい

若者言葉で表すと、超笑える

めちゃくちゃおかしく、最高に楽しい気分。
滑稽なあまり、心が浮き浮き弾む。

げらげら笑うしかない「おバカ」な場面
を目にした時に用いたりする。

例えば、芸人さんによるコント。

または、こんな画像。(微妙?)

使い手の破顔が思い浮かび、受け手側も
うれしくなるような、ご機嫌な形容詞

それが “hilarious”。

 ◇  ポジティブ一辺倒

■  心から楽しい状態ゆえ、使い勝手がよい
■  皮肉・嫌味に使われることは、ほぼない

笑えるわ ~

“hilarious” の語源は、ギリシア語「陽気な」(hilaros)。

“cheerful” の意。

成り立ちからして明るい。

とにかく陽気でハッピーな形容詞。

ぜひ覚えたい。

 

◆  しかし、私たち日本人にとって、発音がネック。

【発音】   hilέəriəs
【音節】  hi-lar-i-ous  (4音節)

「L」と「R」入りの 4音節

音節」(syllable、シラブル)とは、発音の最小単位。

→  音節の差異が顕著な日英比較は、”integrity” 参照

上顎前歯の裏側に打ちつけた舌を、そのまま引っ込め、
クルッと巻き舌に。

同時に、強勢(アクセント)を加える。

日本語では使わない舌運び。

発音練習に打ってつけ。

明るい意味合いなので、英語ネイティブに
発音を確かめる際も、気後れしなくてよい。

【参照】  “private parts”  (陰部)

 “hilarious” が 正確に発音できれば、
    大したもの。  きっと自信になる。  

 hilέəriəs    hi-lar-i-ous  (4音節)


本気で頑張れば、1日で身につく。

これから終日つぶやき、今日中にマスターしよう。

 

◆  “hilaroius” は、形容詞のみ。

「超笑える」という、状態だから形容詞

“hilarious”

  • extremely funny.
    (ロングマン、LDOCE6)

  • extremely funny.
    (オックスフォード、OALD9)

  • extremely funny and causing a lot of laughter.
    (ケンブリッジ、CALD4)
  • extremely funny.
    マクミラン

  • very funny.
    メリアム ウェブスター

【発音】   hilέəriəs
【音節】  hi-lar-i-ous  (4音節)

各辞書、以上で完結。

どれも全文で、簡潔明快そのもの。

実に壮観なシンプルさ。

ここまで横並びな語釈は珍しい。

“funny” 以外に言いようがないのだ。

【発音】   fʌ́ni
【音節】   fun-ny  (2音節)

◆  形容詞 “funny” の初出は、1756年

  •  おかしい
  •  おもしろい
  •  滑稽な

<語源>

  •  不可算名詞  “fun“(楽しみ)
  •  接尾辞  “y“(形容詞をつくる)

◆  上掲英英には、”extremely funny”、”very funny” とある。

したがって、副詞  “extremely” や “very”(非常に、とても)
を付け足した意味が、”hilarious”。

今風なら超笑える

“very funny” はあれど、”very hilarious” とは言わない。

オンライン版 LDOCE は、次の通り、注意喚起する。

【誤】  very    hilarious  

https://www.ldoceonline.com/dictionary/hilarious

※  2021年1月7日 アクセス


◆  “hilarious” の重要度・頻出度は、LDOCE6によれば、

  •  重要度:<6001~9000語以内>
  •  書き言葉の頻出度:3000語圏外
  •  話し言葉の頻出度:3000語圏外

そこそこ見聞きするとの印象があったが、英単語
全体における立ち位置は、実際のところ高くない。

めっちゃ笑える

  • “Their dance was hilarious ! ”
    (彼らのダンスは超笑えた!)
    (彼らのダンスはとても楽しかった!)
  • “It was so hilarious.”
    (それはかなり愉快だった。)
    (それは非常に滑稽だった。)
  • “I thought they were hilarious.”
    (彼らには超笑えた。)
    (彼らはとても滑稽だった。)
  • “The party was hilarious.”
    (パーティーはとても楽しかった。)
  • “Her jokes are hilarious.”
    (彼女の冗談は超笑える。)
    (彼女の冗談はとても楽しい。)
  • “I found the whole situation hilarious.”
    (すべての状況が私には滑稽に思えた。)

  • “This movie is hilarious.”
    (この映画、超笑える。)

◆  “hilarious” は形容詞なので、「 be動詞 」に続くのが
基本パターンになる。

※  「be動詞」  =  be、am、was、been、will be、is、were、are

上記例文の下線部が、「be動詞」。

なぜ、形容詞が「be動詞」に続くのかは、
aware”、”vocal about”、”conclusive” で深掘りした。

英文法の基本であるので、ぴんとくることがなければ、
この機会におさらいしていただくとよいかもしれない。

◆  最後に、注意点を1つ。

“hilarious” は、徹底してポジティブな形容詞であるものの、
まれに行き過ぎた「浮かれ」を示す場合もある。

すなわち、狂騒(狂躁)の様相。

こうなると、周囲に迷惑がかかることもあり、
ハッピーとばかり言ってられない。

これは極端なケースで、普通は心配無用だが、
念のため、頭の隅に入れておきたい。

 

【関連表現】

“What’s so funny – ? ”
https://mickeyweb.info/archives/17757
(何がそんなにおかしい ? )

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英単語, 英語