プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Exonerate

      2021/09/01

容疑を晴らす、  免除する

見慣れない単語かもしれない。

一般の日本人学習者の日常には無縁に近い。
だが、ニュース報道ではちょくちょく顔を出す。

今朝( 2018年7月3日 初稿時 )、
通勤中にAPを聴いていたら出てきた。

これを奇貨として取り上げてみたい。

目で見て分からない単語であれば、聞き取りは困難。
発音もユニークなため、聞きそびれてしまうこと必至。

【発音】   igzɑ́nərèit
【音節】   ex-on-er-ate  (4音節)


◆  私自身、” exonerate ” の意味は長年知っていた。

ところが、ニュースを視聴していて、即座に「 あれだ 」と
認識できるようになるまでに、かなりの時間を要した。

若干専門的な動詞である。

だが、 一般人の押さえるべき用法  は限られている。

個性が強いゆえ、一度学べば記憶に残りやすい側面もある。

意味からして、自ら使う機会はめったに訪れないだろう。

したがって、まずは目視における理解を目標 とする。

次いで、音声ニュースなどで把握できるようになれば、
“exonerate” の基本はよしとみなしてよいと考える。

同時に習得できれば、なおよい。

◆  ” exonerate ” を「大辞典」で引くとこうなる。

そろってシンプルな語釈である。

ハイライトしたのは、ニュースで多用される意味。

exonerate

  • 他動詞
    1. <人を>[非難・罪などから]解放する[免れさせる]
    [from, of]。
    2.[義務・責任・支払いなどから]免除する、解除する
    (relieve, exempt)[from]。
    新英和大辞典 第6版
  • 他動詞
    <人>を[義務・責任などから]免除する
    ジーニアス英和大辞典
  • 他動詞
    1. <人を>(非難から)解放する、無実の罪を
    晴らす
    身のあかしをたてる《from, of …》
    2. <人を>(義務・責任・仕事などから)
    免除する、解除する(relieve) 《from, of …》
    ランダムハウス英和大辞典 第2版
  • 動詞
    (非難・罪などから)免れさせる
    新編 英和活用大辞典

※  太字・ハイライトは引用者

【発音】   igzɑ́nərèit
【音節】   ex-on-er-ate  (4音節)

英語の専門家なら、誰もがご存知の4冊。
私はタブレットに入れて、持ち歩いている。
ーー
【参照】   辞書の「自炊」と辞書アプリ

 

◆  4冊の大辞典から明らかなことは、主な意味が2つある点。

1)解放する

2)免除する

ニュース用途では「 免除 」より「 解放 」が多用される。

とりわけ、

◇  「 速報 」の中心 :
( 非難から )解放する
 
無実の罪を晴らす

その一因は、「 解放 」の方が 優先すべき
ニュース
であるからと推測できる。

つまり、「 免除 」に比べて、報道価値が高い  
と考えられているのであろう。

発生件数の差よりも、こちらの方が主要因と私は考える。

◆  この傾向は、3大学習英英辞典(EFL辞典)の語釈
からも、うかがい知ることができる。

exonerate

  • to state officially that someone who has
    been blamed for something is not guilty.
    (LDOCE6、ロングマン)

  • to show or show that someone or something
    is not guilty of something.
    (CALD4、ケンブリッジ)

exonerate somebody ( from something )

(formal) to officially state that somebody is not
responsible for something that they have been
blamed for.
(OALD9、オックスフォード)


※  下線は引用者

・ ” blamed for ”  =  非難される
・ ” not guilty ”  =  無罪である

【発音】   igzɑ́nərèit
【音節】   ex-on-er-ate  (4音節)


◆  3冊が記すのは、先の「(非難から)解放する」と
無実の罪を晴らす 」の意味合いのみ。

「 免除する 」は明記されていない。

主な同義語は、同じく他動詞の

  •  acquit
    【発音】   əkwít
    【音節】   ac-quit  (2音節)


  •  vindicate
    【発音】   víndikèit
    【音節】    vin-di-cate  (3音節)

無論、「 免除する 」の意味が存在しないわけでない。

そうではなく、英語学習者にとって「 解放する 」
の方が重要であることを、EFL辞典は示している。

したがって、先に触れた「 一般人の押さえるべき用法
として、「 免除する 」以上に「 解放する 」を 優先すべき
と考えられる。

◆  ” exonerate ” は、他動詞 のみ ( 自動詞なし )。

「若干専門的」と指摘したものの、
主な意味は「 解放する 」と「 免除する 」の2つだけ。

法律辞典の解説も、簡潔明快。

アメリカには、Black’s Law Dictionary
ブラックス法律辞典 )という有力な法律辞典
が存在する。

 

Amazon Japan  / Amazon US

1891年に発刊され、100年以上の歴史を誇る。
判例などに最も引用される辞典である。

英米法を学ぶ学生で知らない者は皆無レベルの 存在感

現時点( 2018年7月 )における最新版( 第10版、2014年刊 )
の解説は、以下の通り。

exonerate

verb (16c)

  1. To free from responsibility.
  2. To clear of all blame.
  3. To free from encumbrances.

Black’s Law Dictionary, 10th Edition ”   p. 696
(West Group 2014).

・ “encumbrance” = 負債

【発音】   enkʌ́mbrəns
【音節】   en-cum-brance  (3音節)

拍子抜けするほど、一本調子である。

  1.  責任を免除する
  2.  非難から解放する
  3.  負債を免除する

天下の法律辞典すら、これで完結している。
“exonerate” は多義でないと考えてよい。

結局のところ、

  ラテン語「荷を下ろす」「免じる」 (exonerātus)

こちらの<語源>に忠実なまま、さほど発展しなかったのである。

とにかく、この2つがすべて。

1)  解 放
2)  免 除

似通った意味なので、両方覚えるのも、そう難しくはないだろう。

 

身晴れ

 

 

< 解放 >

  • “He was exonerated based on DNA evidence.”
    (彼はDNAの証拠に基づき、無実の罪を晴らした。)
  • “She was exonerated of charges of wrongdoing.”
    (彼女は不正行為の容疑から解放された。)

  • “Over 150 people on death row have been
    exonerated since 1973.”
    (1973年以来、死刑囚150名以上が罪を晴らした。)
  • “His testimony exonerated her from all
    charges of bribery.”
    (彼の証言により、彼女のすべての贈賄容疑が晴れた。)
  • “She had proof which exonerated him completely.”
    (彼の容疑を完全に晴らした証拠を彼女は持っていた。)
  • “He was exonerated from the accusation of theft.”
    (彼の窃盗の疑いが晴れた。)

< 免除 >

  • “He cannot be exonerated from responsibility as
    parents.”
    (親としての責任から彼を免除することはできない。)
  • “The bank exonerated him from the payment
    of the debt.”
    (銀行は彼のその債務の支払いを免除した。)
  • “I’m not going to exonerate them entirely.”
    (彼らを完全に免除する気はないです。)
  • “Fulfilment of the legal responsibility did not
    exonerate Japan from its moral responsibility.”
    (法的責任を満たしたからといって、日本が道義的
    責任を免除されたわけではない。)
  • Wet signatures of all his creditors are needed to
    exonerate him.”
    (彼を免除するには、債権者全員の直筆サインが
    必要となります。)

  • “She exonerated him from his oath.”
    (彼女は彼の宣誓を免除した。)


◆  以上は、それぞれ代表的な使われ方。

ニュース報道として、耳目を引くのはどちらか。

これに気づけば、使われがちの用途が見えてくる。
さらに、学習上重点を置くべき用法も分かる。

答えは本稿にて、はっきり述べている。
分からなければ、再度ご確認いただければと思う。

 

◆  他動詞  ” exonerate ” の名詞形は、

  • exoneration
    【発音】    ɪɡzɑnɚéɪʃən
    【音節】    ex-on-er-a-tion  (5音節)

  1.  無実の罪を晴らすこと
  2.  免除、免責

不可算名詞である。

そのまま対応しているから、一緒に身につけてしまおう。

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英単語, 英語