プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Freebie

      2020/11/19

(景品、販促品など)無料でもらえるもの

初めて目にすると「フリスビー」に見えたりする字面。

“freebee” と表記されることもあるから、なおさらだろう。

ともに、「2音節」の名詞。

アクセント(強勢)も、初っ端の「第1音節」に置く。

  • Frisbee
    【発音】  frízbi
    【音節】  f
    ris-bee  (2音節)
  • freebie
    【発音】  fríbi
    【音節】  free-bi(2音節)

「音節」(syllable、シラブル)とは、発音の最小単位。

日本語の場合、原則として「仮名一字が1音節」。
そのため、音節を意識する機会は乏しい。

→  音節の差異が顕著な日英比較は、”integrity” 参照

複数形は “freebies

 

  • “Don’t miss out on our freebies ! ”
    (弊社の景品をお見逃しなく。)

 

◆  無論、 “flying disk”(円盤)の商標名 “Frisbee” とは、完全別物。

どちらも、辞書では重要度・頻出度とも、ノーマーク。
マイナーな単語である。

現代社会では、なにかと幅を利かせる “freebie”。

初見で誤解を生む酷似ぶりなので、本稿で取り上げてみたい。


◆  2010年頃より数年間、世界的に盛り上がったのが、
フリー戦略」と称するマーケティング手法。

基本サービス無料による集客と認知拡大を目指す。
その上で、一部ユーザーの有料サービス利用により、
利益を求めるビジネスモデルである。

潮流を作った作品がこちら。

https://amzn.to/2RSq1oH
NHK出版、2009年刊


著者アンダーソン(1961~)は、”Wired” 誌の
当時の編集長。

2004年、「ロングテール」という概念をもたらした。

2007年には、米『タイム』の
世界でもっとも影響力のある100人」に選出。

原書は各国でベストセラーに。

https://amzn.to/2FZrr9V
Hyperion、2009年刊



◆  “freebie” の活用は、はるか昔に遡る。

手始めに、食品用ゼラチン「ジェロ」(JELL-O)。

1897年発明。

売り上げ不振を挽回するべく、1904年からレシピ冊子
を無料配布。

その数1万冊。


↑  無料のレシピ (1930年版)
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Quick


◆  お次は、安全剃刀の「ジレット」(Gillette)。

1904年に特許取得。

本体を無料または大幅値引きし、替え刃を有料に。


↑  特許 (1904年11月15日付)
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Gillette


◆  いずれも、本書で紹介された古典的事例である。

両者とも、現在に至るまで、高い商品認知度を誇る。

21世紀に入ってからも、無料キャンペーンは
盛んに行われている。

パソコン・携帯本体を無料にして、各通信会社が
激しく競い合っていた頃を思い出す。

低価のプリンター本体と高価なカートリッジ
を対象とするサプライ・ビジネスも完全定着している。

製品・サービスの「初回無料」や「初月無料」は、
いたって当たり前になり、新鮮味を失った当世である。
ーーー

◆  無料を大歓迎する人は、いつの時代にも遍在する。

とりわけ「景品」「粗品」「ノベルティ」が
好きな方は少なくない。

  けいひん【景品】

1. 商品に添えて脚に贈る品。景物。
2. 催し物の参加者に与える品。
(広辞苑 第七版)

  そしな【粗品】

2. 景品。粗景。
(三省堂国語辞典 第七版)

  ノベルティ(英 novelty)

宣伝・集客目的で会社名、商品名などを
入れて配布する贈答用の品物。
「ノベルティグッズ」
(精選版 日本国語大辞典)

一等席の乗り物や一流ホテルのアメニティグッズなら、
大勢の食指が動くだろう。

  アメニティグッズ【amenity goods】

ホテルなどのバスルームの備品。石鹸、
シャンプー、歯ブラシ、整髪用具など、
宿泊客が持ち帰り可能なもの。
バス-アメニティー。
(大辞林 第三版)

もとよりお持ち帰り用の備品。

「料金込みだから…」
とバッグにぎゅう詰め。

企業のノベルティも同様。

「宣伝用の記念品だし…」
と配布者の前をうろちょろ往来。

仕入予算が不要なため、転売にも打ってつけ。

入手困難な「お宝」品として、高値が付いたりする。

【参考】    ※  外部サイト

ー-

「ブラックフライデー」とは、
感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日

 

 

◆  このような「景品」や「販促物」こそ、”freebie” の代表格。

無償提供の意図は多岐に渡るものの、一様に無料である。

“freebie” の語原は不明とされている。

だが、どの語原辞典を調べても、次の2点に争いはない。

  1.  “free”(無料)の意味合いを含む
  2.  1942年には使われていた

英英辞典で一律に “informal” 扱いされているのは、
正体不詳であることが一因となっていると推察できる。


◆  既述のように、意味は「無料でもらえるもの」。

4大学習英英辞典(EFL辞典)の語釈は次の通り。

ハイライトが「無料」の意。

“freebie” 

■  informal
something that you are given free, usually
by a company.
(LDOCE6、ロングマン)

■  informal
something that is given to somebody without
payment, usually by a company.
(OALD9、オックスフォード)

■  informal
something that is given to you without you
having to pay for it, especially as a way of
attracting your support for or interest in something.
(CALD4、ケンブリッジ)

■  informal
a freebie is something that you are given, usually
by a company, without having to pay for it.
(COBUILD9、コウビルド)

【発音】  fríbi
【音節】  free-bi(2音節)

※  下線は引用者

可算名詞で、複数形は “freebies“。

日本語の「ただ(只)」は、時に卑しい印象を放つ。

片や “freebie” は、ソフトでかわいらしい語感を伴うせいか、
下卑た感じは少ない。

もっとも、「ただ」には違いない。

無代を潔しとしない者には、好まれない言葉であろう。

◆  蛇足ながら触れると、弊サイトは無料で公開中。

これは “freebie” なのだろうか。

たぶん、否。

そこで、先の英英語釈と突合してみる。

まず、物品を提供(”something given to you”)していない。
また、会社(”a company”でもない。

さらに、宣伝や販売促進の意識はないに等しい。

”as a way of attracting your support for or interest”
(下線部)に及んでは、的外れ

したがって、上掲の定義には該当しないと考える。

なにより、35年以上続けている「単語帳」の一環として、
管理人(Mickey)自身が好き勝手に楽しんでいるサイト。


今後も無料で続けます。


【景品サイト】    ※  “freebies” の具体例を確認するのに便利

 

【類似表現】

■  “giveaway“、 give-away

–  可算名詞「無料サンプル」「景品」
「うっかり漏らしてしまうもの」
–  形容詞「無料の」「投げ売り(捨て値)の」

【発音】   ˈɡɪvəˌweɪ
【音節】    give-a-way  (3音節)

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英単語, 英語