プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Not to mention

      2019/07/21

言うまでもなく

文頭と文中に用いる<3語ワンセット>の表現。

定訳は次のいずれか。

  1. 言うまでもなく~
    ~は言うまでもなく
  2. もちろん~
    ~はもちろん

1、2 にそのまま置き換えられる単一の意味合い。
口頭・文面ともに使える利点も日本語と一緒。

手軽で使い勝手がすこぶるよい。
それでいて知的な香りがうっすら漂う。
自ら駆使できると、便利でかっこいい。

比較的簡単だから、この場で覚えてしまおう。

image.png ー-ー  本が大好き。もちろん、図書館も。

ーー
定訳 1と2 は、国語辞典では同義扱いされている。

  もちろん【勿論】

1.(議論の余地がないの意。多く 副詞的 に用いる)
言うまでもなく自明であること。無論。
(精選版 日本国語大辞典)

《副》 いうまでもなく。無論。
(広辞苑 第七版)

《副》 言うまでもなく。当然。無論。
(明鏡国語辞典 第二版)

 副詞的 に用いる点も、”not to mention” と同じ。

同義にもかかわらず、定訳が二分されていることで、
もっと自然な和訳を充てることができる。

選択肢があれば、改善の余地も出てくる。

上掲の国語辞典の語釈は、英英辞典と重なる。
実際には、より丁寧に解説する。

 

◆ 3大学習英英辞典(EFL辞典)はこの通り。

“not to mention something”
used to introduce an additional thing that 
makes a situation even more difficult, 
surprising, interesting etc.
(LDOCE6、ロングマン)

“not to mention”
used to introduce extra information and
emphasize what you are saying.
(OALD9、オックスフォード)

“not to mention”
used when you want to emphasize something
that you are adding to a list.
(CALD4、ケンブリッジ)

国語辞典は「言うまでもなく」の理由を示さない。
なぜ、言うまでもないのか。

杳たる有様のまま、何気にはぐらかされた感じ。

 

◆ 片や、英英辞典は理由を明示する。

下線と赤ハイライトが該当箇所。
「これまでの主張に加えて(後続の何かを)強調」。
これが “not to mention” の機能。

「後続の何か」とは、上記 “something” を指す。
すなわち、定訳 1と2 の「~」部分。

ここを具体的に説明するのが LDOCE6。

“an additional thing that makes a situation
even more difficult, 
surprising, interesting
「ある状況をさらに難しくしたり、意外にしたり、
興味深くしたりする、追加的な何か」を導くとある。

こうして「~」の「何か」を強調(emphasize)し、
導く(introduce)趣旨をそなえる、
“not to mention”、「もちろん」、「言うまでもなく」。

導くために、続く内容(~)に呼応する副詞。
国語では「陳述副詞」。  呼応副詞とも言う。

既存の状態を「さらに難しくしたり、意外にしたり、興味深くし
たり
する」何かを加える(additional thing、extra information)
流れゆえに、「もちろん」「言うまでもなく」に行き着く。

◆ 英日がこれほど共通する一因は、”not to mention”
の直訳が「言うまでもない」にほぼ等しいから。

  • 否定の副詞 “not”(~でない)
  • 不定詞を導く前置詞 “to”(~すること)
  • 他動詞 “mention”(言及する)

全単語を合わせると「言及することでない」
つまり「言うことでない」で「言うまでもない」。
「言うまでもない」理由は、上の青ハイライトに記した。

3語のうち、ポイントとなるのは “mention”。
他動詞と名詞がある。 自動詞はない。

名詞は可算と不可算兼用で、基本は可算名詞。

他動詞と名詞では、重要度と頻出度に差が見られる。

他動詞の位置づけは、最頻出かつ最重要であり、
以下3項目すべて最高ランク。

LDOCE6(ロングマン)の表記によれば、

■ 他動詞 “mention” 
– 重要:最上位 <トップ3000語以内>
– 書き言葉頻出:最上位 <トップ1000語以内>
– 話し言葉頻出:最上位 <トップ1000語以内>

■ 名詞 “mention” 
– 重要:<3001~6000語以内>
– 書き言葉頻出:3000語圏外
– 話し言葉頻出:3000語圏外

– 他動詞
言及する」「述べる」「表彰する」
– 名詞
言及」「特筆」「表彰」 ※ 可算・不可算兼用

【発音】 ménʃən

他動詞も名詞も「言及」中心で、”mention” の定訳。
語原は、ラテン語「言及すること」(mentiō)。
語原を忠実に引き継いでおり、定訳にふさわしい。


◆ 英日とも筆舌不問で、「書く」「言う」両方表す。

今回調べた英英9点、国語5点から精選した語釈に
下線を引いてみた。

“mention”   ※ 他動詞
to write or speak about something / somebody,
especially without giving much information.
(OALD9、オックスフォード)

“mention”   ※ 名詞
when someone mentions something or someone
in a conversation, piece of writing etc
.
(LDOCE6、ロングマン)

【発音】 ménʃən

  げんきゅう【言及】
[文]話しているうちに、その話題にふれること。
文章の中で取り上げること。
(三省堂国語辞典 第七版)

言っても書いても使える。

先述の「手軽で使い勝手がすこぶるよい」
根拠のひとつ。

「知的な香りがうっすら漂う」持ち味も、
「言及」と同様。

“not to mention” の場合、文頭と文中に置ける。
冒頭で触れた強味は使用上心強い。


◆ 今月 2019年1月発表のニュース記事から、使用例を挙げる。

既述の通り「陳述副詞」のため、前後の文章がないと、
文脈がつかみがたい。

結果的に引用が長くなってしまったが、ご了承いただければと思う。

<文頭>

  • Life lessons appear in the unlikeliest places – from trips
    to the countryside to chance meetings with wise strangers.
    Not to mention votes on X in the Parliament.
    (人生の教訓は最もあり得ない場で生じる。例えば、地方への
    旅行から聡明な他人との出会いまで。Xについての議会投票
    においては言うまでもない。)
  • Why Y should host the Oscars.  Impossible to hate.
    Can carry show both figuratively and literally.
    Not to mention his humor and charisma !
    (Yがアカデミー賞司会をするべき理由。憎めない人。
    番組を有形無形の別なく仕切ることができること。
    彼のユーモアとカリスマについては言うまでもない。)
  • Employees are struggling financially, leading to higher
    stress and lower productivity in the workplace.
    Not to mention increased health insurance claims.
    (従業員は経済的に苦しんでおり、それが職場における
    高いストレスと生産性の低下を招いている。
    健康保険の請求の増加については言うまでもない。)
  • This will become the first “big” event of the year.
    Not to mention smaller changes.
    (これが今年最初の「大きな」出来事となる。
    小さい変更については言うまでもない。)
  • Coral reefs provide us with coastal protection and goods
    and services including the tourism industry.
    Not to mention they are responsible for regularly servicing
    our lungs providing up to 85% of the Earth’s oxygen.
    (サンゴ礁は海岸保護に加え、観光業を含むサービスと財
    をもたらしている。もちろん、地球上の酸素の最大85%を
    供給することで、常に我々の肺に対する責任を担っている。)

<文中>

  • Study after study shows that the powerful computers
    we keep in our pockets can be distracting for even
    the most disciplined of adults — not to mention students.
    (研究に次ぐ研究の結果によれば、ポケット内のコンピュータ
    はかなり自制心がある大人の気さえも散らせるということ。
    生徒については言うまでもない。)
    ーー
  • Equity markets have taken a battering in recent months
    amid trade war tensions and fears of an economic slowdown
    not to mention ongoing political uncertainty with the
    government shutdown.
    (貿易摩擦や景気後退の懸念の中、株式市場はここ数カ月間に
    痛手を受けている。政府機関の閉鎖を伴う現在の政情不安に
    ついては言うまでもない。)
  • Just to name a few: Nominations for 11 Best Actor awards;
    winner of the Best New Singer; not to mention his
    television awards.
    (いくつか例を挙げると、11件の主演男優賞のノミネート、
    最優秀新人歌手の受賞、もちろんテレビ番組の受賞歴もあります。)
  • He is one of the most revered figures in American history
    not to mention one of the most quotable individuals.
    (彼は米国史上、最も敬愛されている人物のひとりです。
    最も引用される個人のひとりである点は言うまでもありません。)
  • As a member of the recently fashionable – not to mention
    increasingly lucrative – open source community, I wanted
    to share my predictions for the year ahead.
    (最近はやりであり、当然急速に拡大している
    オープンソース コミュニティの一員として、向こう一年の
    自分の予想をシェアしたいと思いました。)

 

以上10例。 採集時間は15分ほど。

うじゃうじゃ出てきてくれて助かった。

 

【 他動詞 “mention” の落とし穴】

よくある間違いがこれ。

  関連の前置詞 “about(~について)を付け足してしまう。

オンライン版 “LDOCE” の注意書きが分かりやすい。
※ 書籍版 “LDOCE6” にも同一記載あり

image.pnghttps://www.ldoceonline.com/dictionary/mention

黄色で囲った “transitive verb” は「他動詞」の意。
【発音】 trǽnsətiv  və́ːrb

  他動詞なので、前置詞なく 目的語が続く。

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ