プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

At peace with –

      2020/01/04

(1)心穏やかでいる、安心している
(2)仲良くしている、平和でいる

特定の人間や主体の心理状態や様子を表す。
ポジティブなイメージにあふれる。

定訳がないため、和訳は単純でない。
しかし、英文はシンプルなため、
大意は理解しやすい。

状態を示す前置詞 “at”(~の状態でいる)+
不可算名詞 “peace”(平和)+
対象の前置詞 “with”(~に対して)

よって、直訳は「~に対して平和な状態でいる」。

◆ “peace” は、名詞のみの単語。

【発音】 píːs

語源は、ラテン語「平和」(pāx)。

不可算名詞または単数名詞である。

※ 「単数名詞」(singular noun)とは、
単数形で使われるのが一般的な名詞
英英辞書では “S” または “sing” と略記。

表題の用法では、無冠詞で使われるのが通例。

平和」「講和」「治安」「無事
など比較的多義だが、静かで平穏な
意味合いは一貫している。

◆ ここでは「平和」で、日英とも二分できる。

  1.  心の状態
  2.  外部の状態

at peace with” も、これに対応する。

  1.  心穏やかでいる、安心している
  2.  仲良くしている、平和でいる

(1) で最頻出なのは、”with” の直後に、
主語の目的語の代名詞 “-self”(~自身)
を続ける用法である。

  • “I am finally at peace with myself.”
    (私はようやく心穏やかでいられる。)
    (私はやっと安心だ。)
  • “She seems to be at peace with herself.”
    (彼女は心が穏やかに見える。)
    (彼女は安心しているようだ。)

(1) は、不可視な内面の描写である以上、
他者については推測となる。

よって、本来なら自動詞 “seem”(~に見える)
などを伴うはずである。

しかし、これなしで断言してしまうケースも多い。
この点、日本語でも同様だろう。

  • “She was at peace with herself.”
    (彼女は安心していた。)
  • “He is at peace with the world.”
    (彼は穏やかで幸せな人生を過ごしていた。)
  • “He has always been at peace with himself.”
    (彼は常に自分自身を受け入れていた。)
  • “He was at peace with the onset of old age.”
    (彼は老いをしっかり受け入れている。)
    (老後を迎えても、彼は心穏やかであった。)


◆ “at peace with” が、「安心」ではなく、
「心穏やか」で使われる場合、
葛藤・確執(emotional conflicts)
の果てに辿り着いた心境
を表すことが多い。

【参照】”comfortable in one’s own skin

もともと安らかで幸せな人を取り上げる需要は、
決して大きくないのが現実である。

他方で、どうにか自分と折り合いをつけ、
万難を排して穏やかな境地に至った人に、
感銘を受け、共感する人は大勢いる。

結果的に、報道価値が認められるため、
この用途が目立つことになる。


(2) は、もっと単純である。

争いのない模様を示す。
より客観的に状況確認できる「平和」「仲良し」である。

  • “I am at peace with my neighbors.”
    (近所付き合いはうまくいっている。)
  • “This country is at peace with other countries.”
    (この国は他国と争いはしていない。)

既記の通り、”at peace with” には、
定訳とされるものはない。

本稿の和訳も一例である。

シンプルな英語で構成されるので、
状況や心境を読み取りつつ理解すれば、
大きく外すことはないだろう。

【類似表現】

■ “peace of mind”  → “presence of mind” に似る
(心の平和、安らぎ)
無冠詞が通例

  • “I want to live safely in peace of mind.”
    (安全で安らかに暮らしたいです。)
  • “Would you dish out $800 for
    peace of mind ? ”
    (あなたは安らぎに800ドル払うか?)
  • “My dog gives me peace of mind.”
    (愛犬は安らぎをもたらしてくれる。)

■ “make peace with –
(~と仲直りする)

  • “I want to make peace with her.”
    (彼女と仲直りしたいの。)
  • “I decided to make peace with my parents.”
    (両親と和解する決意をした。)

 

■ “rest in peace” = “RIP”
※ “passed away” より再掲

Inline image 1

“rest in peace“

  • said to express the hope that someone’s
    spirit has found peace after death.
  • Abbreviation RIP often written on a gravestone.
    (CALD4、ケンブリッジ)

【関連表現】※ 現実との折り合い

“life’s lesson”
https://mickeyweb.info/archives/778
(人生の教訓)

“The truth hurts.”
https://mickeyweb.info/archives/2061
(真実とはつらいもの。)

“Things change.”
https://mickeyweb.info/archives/3326
(事情は変わる。)

“Things happen.”
https://mickeyweb.info/archives/9323
(こんなこともある。)

“What goes around comes around.”
https://mickeyweb.info/archives/1038
(因果応報。因果は巡る。)

“It’s always darkest before the dawn.”
https://mickeyweb.info/archives/1963
(夜明け前が最も暗い。)

“rock bottom”
https://mickeyweb.info/archives/10672
(どん底)

“It is what it is.”
https://mickeyweb.info/archives/3877
(それが現実の姿です。)

“I can live with that.”
https://mickeyweb.info/archives/1872
(それで構いません。)

“fact of life”
https://mickeyweb.info/archives/10864
(人生の真実、現実)

“My time is up.”
https://mickeyweb.info/archives/11257
(私の時代は終わった。)

”Life goes on.”
(それでも人生は続く)

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ