プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Booze

      2022/04/18

・ Estimated Read Time ( 推定読了時間 ): 3 minutes

アルコール飲料、  大酒を飲む 

洋画やドラマでも見聞きする名詞・動詞。

字面から意味を推測することは不可能に近いので、
事前に学んでおく必要がある。

そのため、こちらで取り上げてみる。

◆  手始めに、実物2点をご覧に入れたい。

氷の微笑 』 と 『 永久に美しく…  』。

ともに、 1992年日米公開のアメリカ映画。

- How's the booze? - Haven't had a drink in three months.

- You're a broad! - You're a tragic, boozy, flaccid clown.

ふにゃ~

 

後者の ” boozy ” は、名詞 ” booze ”  を形容詞化したもの。

「 大酒飲みの 」「 酒浸りの 」の意。

【発音】   búːzi
【音節】   booz-y  (2音節)

ここでの y ” は、名詞に伴い、

  •   ~ のような
  •   ~ がたくさんの

を意味する形容詞を作る接尾辞( suffix )。

handy ” にて、代表例の一覧を挙げて、ご案内した。

同じく後者の  ” flaccid clown ”  は、
1990年代の字幕版と吹き替え版では、
ふにゃちん 」と和訳された。

無論、 男性器  を示す。

◇  ” flaccid ”  =  たるんだ、 ふにゃふにゃの ( 形容詞 )

【発音】   flǽksid
【音節】   flac-cid  (2音節)

◇  ” clown ”  =  ピエロ、 役立たず ( 名詞 )

【発音】   klaun
【音節】   clown  (1音節)


数年後、 地上波で放送された際も 「 ふにゃちん 」 のまま。

日本テレビ 「 金曜ロードショー 」 の吹き替えが忘れられない。

この  ふにゃちんが!
ふにゃ~!  ふにゃ~~!


「 あのメリル・ストリープの罵倒が、 すごすぎ … 」

当時、 ずいぶんと話題を呼んだものだ。

1990年代の日テレの吹き替えは傑作揃い。

ふにゃちん呼ばわりされた夫役は、ブルース・ウィリス。

米国でも、驚きをもって迎えられた名シーンである。

この映画の見どころのひとつ。

◆  ” booze ” の発音と語感は特徴的。

破裂音の子音  ” b ”  から始まる( 頭子音 ) 。

【発音】   búːz  (1音節)

[b] は、 英日共通 破裂音 ( はれつおん )。

具体的には「 有声両唇破裂音 」。

bombshell ” で詳しく触れた。

ブーイング 」「 ブービー賞 」「 ぶーたれる 」
などを想起し、 ネガティブに響き渡る感。

” booze ” には「 お酒 」関連の意味しかないので、
まんざら外れてない。

今回調べた英英辞典6点すべてに ” informal ” 表示がある。

すなわち、「 非正式 」「 くだけた言い回し 」。

俗語・スラングの雰囲気を帯びる感触だが、そうではない。

” informal ” でも、 単語自体に
下品さはなく、使用上失礼はない。

ただし、「 アルコール飲料 」と「 飲酒 」を指すため、
使用場面は限定される。

 

 

ブ ー

◆  語源は諸説あるが、有力説は中世オランダ語
「 飲み過ぎる 」( būsen )。

名詞と自動詞があり、 徹頭徹尾「 飲酒 」に関連する。

” booze “ 

■  noun  [ singular,  uncountable ]
informal
alcoholic drink

■  verb  [intransitive]
informal

to drink alcohol, especially a lot of it.

( ロングマン、LDOCE6)

【発音】   búːz  (1音節 )


◆  英英6点とも酷似する語釈ばかりで、 個性は乏しい。

–  不可算名詞  「 アルコール飲料 」
–  自動詞  「 大酒を飲む 」

中身はこれだけ。

唯一の違いは「 単数名詞 」( singular )の表記の有無。

単数名詞 単数形で使われるのが一般的な名詞

上記のうち、 ” LDOCE6 ”  のみに記載があった。

  ” booze ” =「 酒 」

と覚えておけばOK。

何かと印象的な単語なので、 さほど難なく銘記できるだろう。

< 不可算名詞 >

  • ”Bring some booze for the party.”
    (パーティーに、お酒持ってきて。)
  • “He has been on the booze for a week.”
    (彼は一週間も酒浸りです。)
  • “Take it easy on the booze.”
    (アルコールは少々控えて。)
  • “Just stay off the booze.”
    (とにかくお酒を辞めなさい。)
  • “I smelled the booze on her.”
    (彼女からアルコールの臭いがした。)
  • “They served desserts spiked with booze.”
    (彼らはアルコール入りのデザートを出したの。)

 

【頻出のペア表現】

  •  booze and gambling ( 賭け事 )
  •  booze and cigarettes ( たばこ )
  •  booze and drugs ( 薬物 )
  •  booze and chips ( おつまみ )
  •  booze and self-pity ( 自己憐憫 )

<自動詞>

  • “She went out boozing.”
    (彼は飲みに出かけた。)
  • “I quit boozing altogether.”
    (完全に断酒した。)
  • “They had been boozing all afternoon.”
    (彼らは午後ずっと飲酒していた。)
  • “I’d rather booze myself to sleep.”
    (それよりは飲酒して眠りたい。)
  • “I almost boozed myself to death.”
    (アルコールで死にかけた。)

【関連表現】

  •  booze-up
    ( どんちゃん騒ぎ )   ※  可算名詞
  •  boozer
    ( 大酒飲み )( 飲み屋 )   ※  可算名詞

 

◇  ” alcohol ”  = 「 アルコール 」 の英語発音は、

ǽlkəhɔ̀(ː)l

「  ルコホー  」 または 「  ルカホー  」

などと聞こえる。

al-co-hol  (3音節)

3音節で、最初の第1音節に強勢(アクセント)を置く。


◆  ” alcoholism ”  = 「 アルコール依存症 」の英語発音は、

ǽlkəhɔ̀lìzəm

「  ルコホー  」 または 「  ルカホー  」

などと聞こえる。

al-co-hol-ism  (4音節)

4音節で、こちらも初っ端の第1音節に強勢( アクセント )。

◆  音節( syllable、シラブル )とは、 発音の最小単位。

平板で、 均一なリズムが、 日本語の持ち味


アクセントも音節も異なるカタカナ発音では、 どちらも
英語母語話者( ネイティブ )には、 ほぼほぼ通じない語。

日本語の場合、原則として「 仮名一字が1音節 」。

日頃、音節を意識する機会はなきに等しい。

音節の差異が顕著な日英比較は、” integrity ”  で事細かに解説した。

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ