プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Passed away

      2019/07/07

亡くなりました

「死亡する」は “die“、
「死亡した」はその過去・過去分詞形 “died” 。

日本の学校教育ではこのように学ぶのが常である。

実際の大人の会話中の「死亡した」は、
“died” の代わりに、次の2つが好まれる。

  • passed away
  • passed  ※ away なし

「死にました」と「亡くなりました」との違いに似ている。

特定の死を指す場合、名詞形は “the passing“。
所有格を用いると “his passing“、”her passing“、
the CEO’s passing“、”Mr. X’s passing” など。

いずれも婉曲表現である。

  • “We regret her passing.”
    (彼女の死を悼みます。)
  • “They gathered to mourn the passing of her father.”
    (彼女の父親の死を弔うため、彼らは集まった。)
  • “I was shocked by the unexpected passing of Mary.”
    (予期せぬメアリーの死にショックを受けた。)

Inline image 1

“rest in peace

  • said to express the hope that someone’s
    spirit has found peace after death.
  • Abbreviation RIP often written on a gravestone.
    (CALD4、ケンブリッジ)

◆ “pass” の語源は、ラテン語「歩み」(passus)。

基本的意味は「通過する」。
“pass” には、自動詞・他動詞・名詞がある。

これらの品詞すべてが多義で、
しかも日常的に多用される意味が多い。
守備範囲が非常に広い単語である。

◆ 日本でも馴染み深い「パス」。

英語でもそのままの意味で使われているものがほとんど。

  • 「試験にパスする」     pass the exam
  • 「機会をパスする」     pass the chance
  • 「ボールをパスする」  pass the ball
  • 「通行証のパス」        a gate pass

“pass away” の “pass” は、自動詞「消え去る」
副詞 “away”(あちらへ) を加えて「あちらへ消え去る」。
転じて、”die” の婉曲表現「亡くなる」。

◆ 死の性質上、過去形 “passed” で使われる場合が普通。

died(dieの過去・過去分詞形)
= “passed away(句自動詞)

  • “My mom passed away last night. ”
    (母が昨夜亡くなりました。)
  • “He passed away of natural causes
    surrounded by his family.”
    (彼女は家族の見守る中、老衰で亡くなりました。)
    ※ “natural cause”= 事故・犯罪でない自然な死因
  • She passed away at the age of 80.”
    (彼女は80歳で亡くなりました。)
  • “He passed away in 2016.”
    (彼は2016年に亡くなりました。)
  • “I want you to get the word out that he passed away.”
    (彼が亡くなったことをあなたに周知してもらいたい。)
  • “I don’t know how long ago she passed away.”
    (彼女がどれくらい前に亡くなったか知りません。)
  • “She passed away following a series of illnesses.”
    (彼女はいろんな病気を患った後に亡くなった。)
  • “He passed away in his sleep due to a seizure.”
    (彼は睡眠中に発作を起こして亡くなりました。)

 

◆ 最後に、“died”(死亡した)の婉曲表現のうち、
多用される4つを挙げる。

< 動詞「死亡した」> ※ 個人的体験に基づく頻度順

  1. passed away   ※ 自動詞の句動詞(句自動詞)
    口頭・文面とも、最も一般的な「他界した」
  2. gone   ※ “go” の過去分詞の形容詞的用法
    口頭中心で「逝ってしまった」
  3. deceased   ※ 主に法律用語
    動詞「死亡した」・形容詞「亡き」・名詞「故人」
  4. passed   ※ 1 に準じる
    自他動詞があるが、「死ぬ」は自動詞

その他のフレーズは、”final resting place” でご案内した。
この4つも、ここからの引用である。

【「死」関連表現 】

“with regret”
https://mickeyweb.info/archives/318
(残念ですが)

“declared dead”
“Pronounced dead”
https://mickeyweb.info/archives/1636
(死亡宣告された、死亡した)

“Confirmed dead”
https://mickeyweb.info/archives/2131
(1. 死亡が確認された 2. 確認された死者)

“took his / her own life”
https://mickeyweb.info/archives/4466
(自殺した)

“do away with oneself”
https://mickeyweb.info/archives/15503
(自殺する)

“a moment of silence”
https://mickeyweb.info/archives/3513
(黙祷)

“My prayers are with -.”
My thoughts and prayers are with – . ”
https://mickeyweb.info/archives/3471
(~のために心からお祈りいたします。)

“He is in a better place now.”
https://mickeyweb.info/archives/24805
(今はもっと快適な場所にいます。)

“the beyond”
https://mickeyweb.info/archives/29487
(あの世)

“final resting place”
https://mickeyweb.info/archives/28844
(墓、埋葬地)

“terminally ill”
https://mickeyweb.info/archives/29801
(末期症状の)

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英語, 英語フレーズ