プロ翻訳者の単語帳

Professional Interpreter / Translator at Government Agency

Grope

      2022/08/08

・ Estimated Read Time ( 推定読了時間 ): 10 minutes

他者の ) 身体をまさぐる、  いじる

セクハラ事件でよく出てくる単語。

■  男女間に限らず、 同性間のトラブルにも使う。
■  加害者が女性、 被害者が男性のケースもOK。

  • ” She was fired for groping his groin. ”
    ( 彼女は彼の股間を触って解雇された。)

    ※  ニュース記事より

◆  発音注意で、 」。

【発音】   gróup  (1音節)

 」ではない。    ※  後述

ニュースに多用される  ” grope ” も、やはりセクハラ事件が目立つ。

後掲の通り、ごく 普通の使い道もある


しかし、

  grope ” と聞く、悪事を想起する


これが、今時の反応だろう。

「 性癖 」同様、 うかつに口にできない気配。

 

◆  ” grope ” には、自動詞・他動詞・名詞がある。

語源は、 古英語「 つかみ取る 」( grāpian )。

全品詞を貫く意味合いである。

grope 

  •  自動詞 「 暗中模索する 」「 身体をまさぐる 」
  •  他動詞 「 手探りする 」「 身体をまさぐる  ←  性的用法の中心
  •  名詞 「 手探りすること 」「 身体をまさぐること 」


【発音】   gróup  (1音節)
【活用形】   gropes – groped – groped – groping

  ” groping ” は、 上記活用形の「 動詞の現在分詞 」に加えて、

 名詞  痴漢行為

を表す。

※  現在分詞 ( present participle

動詞  ” grope ” に、 接尾辞 ” ing ” を添えて名詞に。

【発音】   gropɪŋ
【音節】   grop-ing  (2音節) 

名詞 ” grope ” も「 痴漢行為 」を意味するが、名詞
groping ” の方が、ニュースで起用されがちの模様。

痴漢報道で、頻繁に見聞きする。    ※  例文参照

後述の ” inappropriate touching ” と重なる内容。

【発音】   ìnəpróupriət
【音節】   in-ap-pro-pri-ate  (5音節) 

すなわち、「 不適切に触ること 」 「 スケベなお触り 」  →  痴漢行為

要は、みだらに 「 ッチ すること 」。

日本の英字新聞でも見かける。

 名詞  痴漢する人 

groper


【発音】   gróupər
【音節】   grop-er  (2音節)

男女不問 だが、 どうしても男性に結び付きやすい。

グ ロ ー パ ー


◆  ” er ” は、 ここでは 「 ~ する人 」 「 ~ の行為者」
を意味する接尾辞。

動詞  ” grope ” に付けると、「 grope する人 」 なので、
「 痴漢する人 」。

同一用法の  ” er ” ( ~ する人 ) の代表例を10語。

日本語母語話者が難なく把握できる語を選んでみた。

無論、 ユーチューバー ( YouTuber ) も該当する。

 

◆  以下、 ” perceive ” ( 知覚する ) より再掲。

超能力者のエスパー  ( esper ) である

  1977年から 『 マンガくん 』 で連載開始 ( 全9巻

Esper  =  エスパー  =   超能力者 ↓ 

頭文字  ” ESP ”   +  「 ~ する人 」の接尾辞 ” er

↓ 

extrasensory  perception ( ESP )

超感覚的  知覚  →   超能力

  •  extra ( 超 )  ※  接頭辞 「 範囲外の 」
  •  sensory ( 感覚的 )  ※  形容詞
  •  perception ( 知覚)  ※  名詞

” esper ” は SF用語 で、 中型辞書にも載っていなかったりする。

はるかに普及している呼び名は、  超能力者  =  ” psychic “。

【発音】   sáikik
【音節】   psy-chic  (2音節) 


◆  近頃、 インターネット上のコメント欄などで、
カタカナ 「 レイパー 」 を見かける。

英語では  ” raper ” よりは、 ” rapist ”  の方が一般的。

【発音】   réipist
【音節】   rap-ist  (2音節) 


ist ” も、  同じく 「 ~ する人 」 を意味する接尾辞。

「 ~ 主義者 」 「 ~ 専門家 」  としても用いる。

動詞  ” rape ” に付けると、「 rape する人 」 なので、
「 性的暴行する人 」。

【発音】   réip  (1音節)

語源は、 ラテン語 「 強奪する 」( rapere )。

【参照】   ” Spike ”

ist ” ( ~ する人 )( ~ 主義者 ) の代表例を10語。

  •  アーティスト  ( artist
  •  エゴイスト  ( egoist
  •  エコノミスト  ( economist
  •  ジャーナリスト  ( journalist
  •  スタイリスト  ( stylist
  •  スペシャリスト  ( specialist
  •  バイオリニスト  ( violinist
  •  ピアニスト  ( pianist
  •  メダリスト  ( medalist
  •  フェミニスト  ( feminist

 

◆  以上、 日本社会に根付いた名詞ばかり挙げた。

もともと英単語なのに、 どれも常日頃より飛び交うカタカナ語。

別の言い方がすぐ思いつかないくらい、 日々の暮らしに
溶け込んでおり、 外来語の中では軒並み大出世した。

主要因として、これらの接尾辞  ” er ”  や  ” ist ”  に随伴する
動詞または名詞が、 日本人に馴染んでいることが考えられる。

この点、 ” grope ”  と  ” groper ” は、 ハードルが高く、
今後も我が国の世間一般には浸透しないと私は推断する。

もっとも、「 グローパー 」 の語調は、 そこそこよい感じ。

なんだか、  かわいらしい。

「  ウーパー ルーパー  グローパー

思わず 口ずさんでみたくなる、 たまらなく懐かしい心地。

健全な活気に満ちた響きを放ち、 和気あいあいとした
雰囲気が味わえそうな気がして、 弾んだ調子が楽しい。

日本語との相性も良好かも。

けれども、 意味を知ると、 一転して気分がしぼむ。


◆  ” grope ”   は多義ではない。

このことが、 かえって  ” grope ”  をセクハラに
結びつけている様相。

もし、 語義が多ければ、 印象が分散されたはず。

ところが、 語源の 「 つかみ取る 」 のイメージ
で一貫しているせいか、 この用法がニュースで定着
してからは、 あまねく一般化した感がある。


その結果、 むやみやたらに、

  卑猥な語感  


を帯びるようになってしまった。

screw ” の一般認識に似通う流れである。

◆  とはいえ、

  本来は 際どい用途だけで ない 


再度強調しておきたい。

  • “I groped for the doorknob.”
    (ドアノブを手探りした。)
  • “I groped in the darkness.”
    (暗闇の中を手探りした。)
  • “I groped for an answer.”
    (答えを模索した。)
  • “I groped my way to the kitchen.”
    (手探りで台所まで進んだ。)
  • “I’m groping for my own writing style.”
    (自分なりの書き方を模索中です。)
  • “I groped for a simple English word.”
    (シンプルな英単語を見つけようとした。)


I am groping, groping, groping for my own particular style.

(私は今、自分独自のスタイルを、懸命に探っているのです。)



Jack London ( 1876-1916 )
ジャック・ロンドン  米作家
1899年6月12日付  私信

The Letter of Jack London  Volume One: 1896-1905 “,   p.83.
Stanford University Press  (1st ed. 1988).


※  下線は引用者

 

◆  上文には、 みだらな要素は一切ない

◇  はっきり見えない中、手先の感触で探る様子


これぞ 手探り

grope  は、それをズバリと示す。


身体をまさぐる 」  「 身体をいじる

を表すのに、 おあつらえ向き。

ただし、 自分の身体をいじくる際は、 通常使わない。    ※  後述

 まさぐる【 弄る 】

1.  もてあそぶ。  いじる。
2.  指先などでさがし求める。

( 広辞苑 第七版 )


まさにこちら。

 ◇  情欲に駆られた魔の手の動き 


その描写に用いられるのも不思議でない。


3大学習英英辞典( EFL辞典 )から、この意味の語釈を
引用すると、性的表現が明記されている ( 下線 )。


” grope ”

4.  transitive
to move your hands over someone’s body
to get sexual pleasure, especially when they
do not want you to do this.
( LDOCE6、ロングマン )

3.  transitive
to touch somebody sexually, especially when
they do not want you to.
( OALD9、オックスフォード )

transitive
to touch someone‘s body in order to get sexual pleasure,
usually when the person does not like it.
( CALD4、ケンブリッジ )

【発音】   gróup  (1音節)

※  下線、太字、ハイライトは引用者


transitive ”  verb とは、「 他動詞 」のこと。

【発音】   trǽnsətiv 
【音節】   tran-si-tive  (3音節) 

性的な用途では、 他動詞が一般的であることを示す。

3つの語釈すべてが、不定代名詞 ( an  indefinite  pronoun
の複合語である、” someone ”  または  ” somebody ” を含む。

「 ある人 」「 誰か 」の意。

  •  especially when they do not want you to do this. ( LDOCE6 )
  •  especially when they do not want you to. ( OALD9 )
  •  usually when the person does not like it. ( CALD4 )

上記の通り、 それぞれの後半の記述と併せて、 先述した
「 自分の身体をいじくる際は、 通常使わない 」 を裏付ける。

[ somebody someone ]

(1) somebody は someone より口語的 で、
呼びかけなどの場合に好まれる。

(2) 話し手と親密な関係にある特定の人を
念頭に置いている場合は someone が好まれる。
somebody はだれでもいい、とにかくだれか、
という気持を含む。

(3) 堅い書き言葉には通例 somebody は
用いない。



ジーニアス英和大辞典 』
大修館書店、2001年刊 ( アプリ版 )
…  “ somebody ”  の語釈より
<大修館書店HP>


英英辞典の見出しは、
” somebody ” だらけ。

略して、 ” sb “。

” someone ” は、語釈本文では使われるものの、
辞書見出しは慣習的に ” somebody = sb ” 中心
となっている。


◆  実際のニュース報道では、 詳述を避け、
” grope ”  の一言で終わらせる場合が多い。

あいまいにすることで、 当事者 ( 特に被害者 )の
名誉及び 「  プライバシー保護  」 を図っている。

日本も似た状況だろう。

この意味でも、 便利な言い回しである。

◆  さらに、 留意すべきは、 ” grope ”  は、
純粋な愛情表現 「 愛撫する 」 をも意味する。

非常にプライベートな愛情表現なので、
ニュースに出てこない。

事件性がなければ、 報道価値  は伴わない。

ニュース記事や他者との会話にも、 なかなかお目見えしない。

したがって、 一般用法として出回りにくい。

片や、官能小説においては、 お馴染みの他動詞。

  •  feel up ( 相手の体をまさぐる、 愛撫する )

も日常的に出てくる句他動詞 ( transitive  phrasal verb )。

  • ” He tried to feel her up.”
    (彼は彼女の体をまさぐろうとした。)
    (彼は愛撫を試みた。)

◆  ” grope ” 本領の用法を、< ニュース記事 > よりご紹介する。

新聞沙汰となった事件から、 せっせと集めたもの。

どこか あいまいさ が残る点に注目。

理由は既述した。

  • “He groped me as I was going to the restroom.”
    (トイレに行こうとしたら、彼につかまれたの。)
  • “No, I did not grope anyone.”
    (いいえ、私は誰にも触ってません。)
  • “She was groped by him.”
    (彼女は彼に触られた。)
  • “X had claimed Y groped her breast.”
    (Yに片方の胸をつかまれたと、Xは主張した。)

      単数  ” breast ”  ゆえ、 両手の「 鷲づかみ 」ではないはず
      両手で「 鷲づかみ 」( ” squeezing my breasts ” ) ニュース
  • “Woman claims doctor groped her breasts when
    she went to see him about a toothache”
    (歯痛で受診の女性、 医者に両胸をつかまれたと主張)

    【発音】   brést  (1音節)
  ” breast ” は、 女共 の 「 」。

語源は、 古英語 「 胸 」( brēost )。
ドイツ語  ” Brust ” ( 胸 )と同根。
原義は 「 ふくらみ 」。

 ” chest ” ( 胸部 ) と比べれば、 乳房 」 を強調しがちで、

性の胸の印象が強

おっぱい 」 を知的で上品に仕上げたイメージ。

breasts ” ときたら、 「 おっぱい 」 を思い浮かべて当然。


◆  女性の胸に関する報道では、
breast ”  または  ” breasts ”  が大半。

  男性が女性一般に対して用いるには、 ややエッチかもしれない。

性的な誤解を防ぐため、 単数形  ” a chest ”  が無難。

◆  ” a chestは、 両胸でも単数扱い

” chests ”  では、 複数人( 男女不問 ) の胸となる。

片胸  a breast “、 両胸breasts ”  とは異なる点。


もとより、 男女共通 の「 胸 」である  ” breasts ”  と  ” chest
とはいえ、 使用場面が差が出るためか、  与える感覚が違ってくる。

breasts ”  と異なり、 ” chest ”  は 「 おっぱい 」 に直結しない。

少なくとも、 常識的な感覚ではそうだと思う。



◆  俗称( 卑語ではない ) は、  ” boobs “、  ” tits ” など。

これらは 「 ぱいぱい 」 程度だが、 男性が気軽に使うには際どい。

  • カジュアルな場面 : ” my boobs ”  と女性が使う分にはOK
  • 堅めの場面 : ” my breasts ”   または   ” my chest

「 ぱいぱい 」  は概ね2つの乳房を指すから
名詞の複数語尾  “ s ”  を伴い、 ” boobs “、  ” tits “。

tits ” は、 2つの「 乳首 」 を指すこともある。

小ぶりの胸は、  なぜだか  ” flat breasts ”  よりは、
” a flat chest ”  がよく使われる。

  • ” I have a flat chest.”    ←  単数形
  • ” I have flat breasts.”    ←  複数形
    ( ぺちゃぱいなの

◇  形容詞「 平たい 」 ” flat ”  / flǽt / (1音節)

パンクしたタイヤは、 ” a flat tire “。


◆  日本で使われる 「 バスト 」 は、 ” bust “。

おっぱい用途では、 普段あまり見聞きしない感じ。

主に衣服との関連で使われる 「 胸部 」

a chest ” 同様、 胸でも単数扱い  a bust “。

  • ” I have a huge bust.”    ←  単数形
  • ” I have a huge chest.”    ←  単数形
  • ” I have huge breasts.”    ←  複数形
  • ” I have huge boobs.”    ←  複数形
  • ” I have huge tits.”    ←  複数形
    ( でかぱいなの

◇  形容詞 「 大きい 」 ” huge ”  / hjúːdʒ / (1音節)


【参照】  「 お尻 」 の英語表現

  • “He is the kind of guy that boasts about groping women.”
    (彼は、女性たちにちょっかいを出すことを自慢するタイプの男性。)
  • “He groped her behind on the bus.”
    (彼はバス内で彼女のお尻を触った。)
  • “Man arrested for groping woman in station”
    (男が駅で女性に触り逮捕)
    (男が駅で痴漢行為して逮捕)  ※  見出し
  • “He was accused of groping on a train.”
    (彼は電車内での痴漢行為の罪に問われた。)
  • “He was accused of groping a woman on the street.”
    (彼は路上で女性に触り、罪に問われた。)
  • “Groping is a big no-no in our workplace.”
    (身体をまさぐるのは、私たちの職場ではご法度です。)
  • “She allegedly groped her student.”
    (申立てによると、彼女は教え子にいたずらした。)
  • “He woke suddenly to a hand groping his genitals.”
    (性器に触れる手にはっとして、彼は目覚めた。)
  • “The lawyer was accused of groping his junior colleague.”
    (その弁護士は後輩を触ったとして告発された。)
  • “He groped and kissed a woman.”
    (彼は女性に触り、キスした。)
  • “He denies groping the boy.”
    (彼は少年へのいたずらを否定している。)
  • “The nurse groped the patient in a coma.”
    (その看護師は、昏睡状態の患者にいたずらした。)
  • “He was being overly friendly and I guess kind of groping me.”
    (彼はなれなれしくなり、私を触っていたような気がします。)

    ※  ” guess ”  →  他動詞・自動詞・名詞 「 推測( する )」

      会議中に耳にしたので、 作図してみた ( ” overly ”  参照 ) 

You’re  a  groper

 

◆  ” grope ” のスペルは、 集まりのグループ  ” group ” に似ている。

発音の区別は、私たち日本人学習者には容易ではない。

■  まさぐる  ” grope  gróup  (1音節)    

■  集まり  ” group  grúːp  (1音節)   


2語とも  「 1音節( one syllable )」  だから、
腹の底から
 ゲロする 勢いで、 一気に吐き出す。

  •   プ    /  gróup /
  •   プ    /  grúːp  /

 

グ ロ ウ プ

 

「 音節 」( syllable、シラブル )とは、 発音の最小単位。

1音節には、 「 発音の最小単位 」 に切れ目がないため、
ゲロ の迫力が出る。

一方、 原則として 「 仮名一字が1音節 」 なのが日本語。

そのため、 音節を意識する機会は乏しい。

日英の 「 音節 」 については、 ” integrity ”  で深掘りしている。

 

【関連表現】

 

 

 

 

 

Sponsored Link




Jetpack

 - 英単語, 英語